秋田 借金問題

MENU

秋田で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

秋田で借金問題の無料相談ならこちらから

 

秋田で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、秋田で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、秋田で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【秋田県全域対応】秋田で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

秋田で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(秋田県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
秋田で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理は弁護士に頼むことになると思いますが、その時に最も重要なのが、委任状という書類になります。

これは、弁護士が債務整理の手続きについて委任を受けていることを証明するために必須の書類です。

実際に委任契約を結んだ場合、弁護士が受任通知を出すため、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

委任契約を交わした弁護士は、法的に債務者の代理人の立場になり、業者との話し合いや訴訟の手続きなどを、本人の代わりに進めてくれます。

可能であれば、弁護士に債務整理の相談をしましょう。

司法書士の場合、1社からの債務額が140万円以上という大口の債務整理には関われないと、法律で明記されているからです。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判では有利に働く可能性があります。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば手続きをとったその日の内から債権者からのしつこい取り立てを止めてもらうことも期待できます。

このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。

借金地獄の状態からは抜け出すことができますが、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといったデメリットも存在します。

そして、誰もが気になるのが債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。

調べてみると、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、借りることは不可能ではありません。


たとえば債権者に給料を差押えされている場合にその債権者を含んだ債務整理を行えば、差押えは手続きを始めた時点でピタッと解除されるのですが、必ずしもそうとは限りません。

残念ながら任意整理については強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、給料は差し押さえられたままになります。

和解交渉を急いで行い、差押えの解除に至らなければ日常生活に支障をきたします。

返済がどうにもならなくて自己破産を行わなければならなくなったら、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

あとは、総額や時価が20万円を超える資産は債務の返済に充当するのですが、基本的に資産一切を手放すというのが自己破産の特徴です。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えないでください。

手続きの過程でそれがバレたりすると、自己破産は成立しても免責にならないので、出来心としては随分高い代償を払うはめになります。

各種ローンを組む際やクレジットカードの審査時に銀行や信販会社は個人信用情報を見て判断します。

もちろんそこには以前債務整理をしたという記録も残っています。

記録がある間は当然ながらカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないと思った方が良いです。

自己破産の場合ですと、記録は裁判所で免責が決定してから、個人再生や任意整理の手続きをした時はすべての返済が済んでからを基準として、最低でも5年間残ると言われています。


月々の返済が大変な時に起こすアクションという点は通じますが、任意売却というのは購入した不動産のローン返済が立ち行かなくなった場合に該当する不動産を売ってしまい、そのまま返済の足しにする事を言います。

一方、債務整理というのは支払いが無理になった借金を相応の方法で整理して、完済につなげる事です。

何がしかの理由によって不動産ローンと借金のいずれも支払えないという場合も考えられますので、そういった人は任意売却と債務整理を両方とも行います。

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で定められた非免責事項については引き続き支払う義務があります。

例を挙げると各種税金、養育費、罰金などです。

ただ、同じように考えてしまいそうになるのですが、養育費が非免責事項であるのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

月ごとに給与から天引きして貯金をしていくのが財形貯蓄です。

自己破産によって債務整理した時は、財形貯蓄されている金額と手元にあり自由に使える分のお金の合計が法が打ち立てている上限を上回ると、解約した上で超過分を処分する必要が生じます。

なお、その額を下回っている場合でも、残高証明を裁判所に提出しなくてはいけません。

入手するには、取引先金融機関か勤務先のどちらかで申請して発行してもらってください。