秋田 借金問題

MENU

秋田で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

秋田で借金問題の無料相談ならこちらから

 

秋田で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、秋田で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、秋田で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【秋田県全域対応】秋田で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

秋田で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(秋田県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
秋田で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

一般的に、債務整理は弁護士に依頼します。

料金については、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

特別な事情がある場合は追加料金が発生することもありますが、よくある多重債務であれば、確認した料金の範囲で済ますことができるでしょう。

依頼する弁護士事務所次第で、対応も違いますから、相性の良い弁護士事務所を見付けることも重要になります。

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚の予定があってもとくに問題が生じることはありません。

債務整理をしたからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担させられる可能性はゼロです。

けれども、これはあくまで法律上の話であって、婚約者の心象がどう変わるかは分かりません。

そのため、きちんと事実を相手に話し、実際に結婚に進むべきです。

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代に債務整理をした人は、結婚して相手の苗字になったとしてもキャッシングやローンなどの審査に受かるようになるわけではありません。

ローンなどの審査をする時、金融機関は名前だけでなくその他の個人情報を組み合わせてブラックリストに登録されていないかをチェックするのです。

要するに名寄せを使っているのです。

これで分かるように、結婚で苗字だけが変わっても独身時代からのブラックが続くことになります。


法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、どのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。

また、司法書士が扱う任意整理はひとつの債権あたりの額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。

もうひとつの違いは代理人です。

自己破産や個人再生を行う場合、弁護士は代理人になれますが、代理人に司法書士を充てることはできないことになっていますから、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

普通、債務整理を引き受けてもらう際は、初めに弁護士に依頼を受けてもらう「着手金」を払わなければなりません。

債務整理の一連の手続きが済めば成功報酬がかかりますし、その他の費用では例えば、債権者の事務所や裁判所までの交通費や手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。

もっともこれらは実費請求が常ですし、心配であればあらかじめ聞いておくと見込みが立ちやすいでしょう。

債務整理の中でも自己破産や個人再生は対象がすべての債権者となりますが、それらとは異なり、債権者ごとに個別に交渉を行うのが任意整理の特徴です。

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。

たいていは減額幅の大きい借入先から順に手続きしていきます。

借金があまりない債権者も対象にすると、司法書士や弁護士に支払う費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。


現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。

ですが、この総量規制が取り入れられた時にはもう三分の一以上の借金を負っていた人もいます。

あとは、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、知らず知らずのうちに年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合もよくあることです。

そんな人は返済が極めて困難ですから、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。

必要な申請や手続きを行い始めたなら、可能な限り早く片をつけたいと思うのは債務整理を検討している方々に共通することだと思います。

けれども、債務が免除されたり減額されるという決定が下されるためには日数もそれなりにかかります。

債務整理がどういった方法で行われるのか、司法書士や弁護士といった知識を持った人にお願いするのか、自分自身で全ての手続きをこなすのかなどにより必要となる時間は左右されます。

借金地獄から抜け出すためには債務整理をするという道があります。

任意整理、民事再生、自己破産の3つの手続きがあり、債務整理はこれら全てをひっくるめた呼び方です。

それ以外に場合によっては過払い金請求も含まれます。

全て異なる手続きになっていますので、十分に吟味して現在の事情に即した方法で、満足いく借金の債務整理を行いましょう。