青森 借金問題

MENU

青森で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

青森で借金問題の無料相談ならこちらから

 

青森で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、青森で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、青森で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【青森県全域対応】青森で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

青森で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(青森県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
青森で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼することを考えると思います。

とはいえ、当然、お金を支払わなければなりません。

借金を抱えているから債務整理するのに、そんなお金はないと不快な気持ちになる人も多いのですが、こればかりは、どうしようもないでしょう。

でも、彼らも状況を把握していますから、分割や後払いでもOKなところもあります。

はじめにしっかりと相談するようにしましょう。

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。

ですので、お持ちの携帯電話会社を債務整理の対象から外しておけば、今の携帯をそのまま所有することもできます。

ちなみに、新規契約、機種変更ともに可能ですが、ローンでの支払いはできなくなっていますから、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

ですが、携帯料金が未納の状態ならば、このようにはいかないでしょう。

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、合わせて300万円に及ぶ借金を作ってしまったことがあります。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

当時は不況で、新たな職場も見つけられず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

少し経ってから今の会社で働けるようになりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、最終的には債務整理を行いました。

今は借金も払い終え、一般的な暮らしが送れるようになりました。


たとえば個人再生や任意整理といった債務整理を行う際は、原則として安定収入があることが前提となりますが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。

生活保護で支給されるお金は借金返済に充当すべきではないという考え方があり、理由はどうあれ生活保護費を借金返済に充ててしまったら、即、支給を停止するということも実際にあるようです。

したがって、生活保護を受給している期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと覚えておきましょう。

借入先から督促や取立てがある際に借金の額を減らす「債務整理」を行えば、法務事務所や法律事務所から債権者あてに受任通知が送付され、受け取った時点で督促はおろか単なる連絡行為なども禁止となります。

万が一、債権者から返金の催促や連絡が来るようなことがあったら、担当する弁護士に即、何があったか話してください。

依頼者が応対しなければいけない理由はないですし、もし対応すれば相手に禁止行為をさせることになるので、断ってください。

自己破産や個人再生といった債務整理では、債権者全員を対象として行いますが、それらとは異なり、債権者ごとに個別に交渉を行うのが任意整理の特徴です。

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。

普通は減額効果の高い債権者を選んで行われるものです。

そんなに債務がない金融機関まで対象にしてしまうと、委任した弁護士事務所等へ払うべき費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。


いろいろな債務整理の方法の中でも、他とは異なり自己破産は一切の借金がなくなる強力な方法です。

けれども、どんな人でも申立をすればできるという訳ではなく、絶対に裁判所に免責許可を出してもらう必要があります。

申立を行ってから免責可否が告げられるまでの免責期間は、当人に財産が有るか無いかで異なります。

無いのであれば大体3ヶ月で判断されるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、判断が下るまで1年を要するケースもあるようです。

自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがそのメリットは様々あります。

まず自己破産は全借金の返済から解放され白紙のところから出直せます。

民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は保持できます。

それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、また借金の利率や借りていた期間次第では払い過ぎていた分のお金の還付もありえます。

月々の返済が苦しい時の行動だという趣旨は変わりませんが、任意売却というのは購入した不動産のローン返済が立ち行かなくなった場合にその不動産を売って売却金を返済に使う事を指して言います。

かたや、債務整理は返済できなくなった借金の整理を適した方法により行い、完済に近づく事です。

状況次第では不動産ローンと借金のどちらも支払えなくなる場合も考えられるため、その際は任意売却と債務整理をどちらも行う必要があります。