福島 借金問題

MENU

福島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

福島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

福島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、福島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、福島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【福島県全域対応】福島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

福島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(福島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
福島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

その利便性の高さから、つい使い過ぎてしまうクレジットカードですが、返済能力を超えた場合、支払期日までに返済金を用意できないかもしれません。

一般的に、一括での支払いが無理ならば、リボ払いで支払いを続けていくことになります。

しかし、この返済方法でも支払いが滞ることも少なくありません。

こうなってしまうと、平穏な生活が送れませんから、弁護士などに債務整理を依頼し、返済の負担を減らしましょう。

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、精神的な問題、特にうつ病を患ったせいで借金が膨らんでしまったという人も意外と多いのです。

たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ多重債務者になっていたということは、誰にも言いたくないことですから、孤独に悩むという人が後を絶ちません。

ですから、さらにうつ病が酷くなって、最悪のケースを辿ることもあるのです。

債務整理は個人の債務を整理するものですから、結婚を控えていても無関係です。

例えば、債務整理をしたせいで、相手に返済義務が譲渡される可能性はゼロです。

とはいうものの、婚約者にとって、相手が債務整理をしているということは重要な問題になると思います。

正直に事実を伝え、結婚することをおススメします。


免責を目的とする自己破産や、債務が大幅に減額される個人再生を行う際は、全部の債権者を相手に含めますが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで交渉することになります。

全ての債権者に対して行うことも可能ですが、債権者ごとに時間も費用もかかりますし、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して任意整理の申立をします。

ただし、交渉は強制力がありませんから、債権者側が任意整理の申し出に応じなければ、借金が減額されないまま残ることになります。

法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、どのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。

なおかつ、司法書士に任意整理を任せる場合は、債務一件あたりの総額が上限140万円までという制限があります。

そのほか、個人再生や自己破産などを行う際は、裁判所での手続きの代理人に指定できるのは弁護士だけあり、司法書士は代理人として赴くことは原則としてできませんので、自分で裁判所に行って手続きすることになります。

自己破産や個人再生といった裁判所の判断が必要な減額、免責の手続きをする時は、代理人になるのは認定司法書士でも不可能です。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を作成するなどの仕事をすることになります。

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、裁判官とのやりとりも本人だけでしなければいけません。

自己破産のように債務が免除される場合は代理人として弁護士を立てないと、依頼者側がすることが多く、面倒なようです。


かつては出資法に則って、利率が利息制限法をオーバーするような貸付が日常茶飯事でした。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現時点では金利が利息制限法の上限を超えていると非合法となります。

よって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

普通は債務整理を行う単位は個人ですから、それがもたらす良い影響も悪い影響も本人のみで配偶者や家族はあまり気にする必要がないものです。

ところが、例に当てはまらないものもあり、専業主婦の配偶者が債務整理をしたとすると、クレジットカードを停止されるかもしれません。

その理由は、クレジットカードの審査が夫の支払い能力に基づいて行われる為です。

それから、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならばもしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

各自の置かれた状況によって、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは変わります。

まず前者の場合は、将来利息の支払いが免除となることで支払い総額が減少しますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることでやや支払う総額が減るものの、債務整理での減少額と比較すると下回ります。

しかしながら、確実に払っていくことができるならば信用情報は無事です。