福島 借金問題

MENU

福島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

福島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

福島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、福島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、福島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【福島県全域対応】福島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

福島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(福島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
福島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理の手続きは、ご自身でもできます。

とはいえ、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。

債務整理に必要なすべての書類を集めたり、時間的な余裕がなくなることは想像に難くありません。

一般人には難易度が高いですから、債務整理のことは司法書士や弁護士などにお願いして、すべての手続きを行ってもらうのが最適なのかもしれません。

彼らは十分な知識のあるプロですから、債務整理が完了するまでの時間もそれほどかからないでしょう。

債務整理の中でも、任意整理や個人再生を行う場合、債権者の同意が必須です。

任意整理を行う場合、1件ごとの債権者が対象になるため、個別に同意を得る必要がありますが、強制力はありませんから、一部の債権者は、和解に応じない可能性があります。

また、個人再生の場合、任意整理の場合と異なり、複数の債務を一度に減額することになります。

ですが、手続きを行った債権者の半数以上が同意しなければいけません。

債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと払いきれない利息を整理できますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるというデメリットがあることを忘れてはいけません。

ここで心配になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

実際のところ、賃貸契約できる物件とできない物件があります。

契約可能な物件の数は少なくなってしまいますが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。


債務整理全般に共通することですが、受任通知を送付したあとの債権者による取立てや連絡行為全般は、法律の規定により禁止されているため、何も起こらないと思いがちです。

ですが、こうした期間中にもかかわらず、任意整理の際は債権者が裁判所に訴えることも多いです。

裁判所とは本来無縁なはずの任意整理なのに何故?と思うでしょう。

しかし、金融機関は返済を要求する権利があるので、債務整理の手続き中であろうと、提訴を止める理由にはなりません。

弁護士が任意整理の受任通知を送ると、消費者金融によっては即、裁判を起こす会社があります。

こうしたところが借入先の場合は、気をつけた方が良いでしょう。

取扱実績は最近では減っているものの、特定調停と言われる債務整理の手続きがあります。

どのようなものかというと、借入先に対し返済した額の中に過払い金額が一定量ある場合に選択できる手法です。

債務よりも過払い金のほうが多いことが分かれば、実は特定調停の場では返金要求は不可能ですので、あとから請求を行います。

基本的に返済中は過払い金請求はできませんが、返済終了後に行えるようになります。

公務員が債務整理をした場合、いずれ職場に分かってしまうだろうと思い込んでいる人もいますが、実際にはそのようなことはありえません。

個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、本人から話を持ち出さない限り、勤め先にばれることはありません。

しかし公務員だと、共済会などから融資を受けている場合は、少しタイミングがずれますが、そこから知られる可能性は大です。


一般的に債務整理を行う単位は個人ですから、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。

それでも、その例から漏れるものもあり、既婚男性が債務整理をしたとしてその妻が専業主婦ならば、クレジットカードが利用できなくなるかもしれません。

なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。

それから、同じ住所に住んでいる家族が新しくカードを作ろうとすると審査に通らないこともありえます。

もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚が成立する場合、生活費の穴埋めとしての借金などそれが婚姻生活を送る上で出来たものだと財産分与対象に含まれます。

財産に含まれるのはプラスの資産のみでは無く、マイナスであっても同じく共同財産なのです。

とは言え、婚姻の前から夫婦のいずれかが負っていた借金の場合や、婚姻期間の借金であってもギャンブルなどが元の個人的なものならば財産分与の対象からは除かれます。

負っている全ての債務の返済義務から逃れることができるのが自己破産なのですが、自己破産を申請したにも関わらず免責されないというケースも存在します。

と言うのは、良からぬお金の使い方をしていた場合です。

例えば、ギャンブルや投資につぎ込んでいたり、身に余るほどの買い物をたびたびしていたような場合がそうしたケースになります。

免責がこれにより許されない場合には、別の方法で債務整理を行う他ありません。