岐阜 借金問題

MENU

岐阜で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

岐阜で借金問題の無料相談ならこちらから

 

岐阜で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、岐阜で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、岐阜で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【岐阜県全域対応】岐阜で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

岐阜で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(岐阜県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
岐阜で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

増えすぎた借金は、債務整理をすれば、払える程度の債務にまで減額してもらうことができるでしょう。

ですが、このことは信用情報機関に金融事故歴アリとして登録されます。

こうなってしまうと、ブラックとして扱われるため、審査にひっかかり金融機関のサービスが受けられなくなります。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、覚えておきましょう。

もし、自己破産や個人再生をしたのなら、債務整理者の名前と住所が官報に公告されることは避けられません。

国の機関誌である官報に、自己破産ならば二度掲載されますし、個人再生をした場合は三度掲載されます。

掲載される期間は1ヶ月程度と言われていますが、官報は一般的になじみがあるのものではないですし、官報のせいで周囲の人間に債務整理したことがバレてしまうようなことは、まずありえません。

任意整理を行ったのであれば裁判ではありませんから、官報には公告されません。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金化されていない売掛金があると、資産扱いになります。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生を行うと、200万円まで減額されると思います。

とはいえ、もし売掛金として100万円がでてきたら、この5分の1の20万円分をプラスした結果的に220万円の債務が残ることになります。


ときには借金の減額だけでなく、借金の棒引きもあるのが債務整理です。

けれども、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特徴です。

後悔しても遅いですから、もし行うのであれば相応の覚悟が必要です。

債務整理というものはどんな手段にしろ手続きに時間がかかることはやむを得ません。

たとえば任意整理でしたら、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを委任して手続き全般を終えるには、最低でも2か月ほどは必要で、半年以上かかるなんてことも時にはあります。

本来、こうした手続きをしている間は、債権者は督促や連絡はしてこないのですが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、返済途中のローンは解約となり、少しでも借金を返すために家はもちろん車も売却しなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、返済は従来通り続ける必要があります。

返済のために売却することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。


原則、債務整理で国内外の旅行や転居が制限されることはありません。

パスポートを取得する際も悪影響はありません。

と言っても、その例から漏れるケースが1つだけあります。

まさに自己破産を申し立てているという間のみは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、転居や旅行に際しては裁判所の許可が必要です。

免責の認可が裁判所から発出されたら、他の債務整理のように、縛られることはありません。

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、債務整理を視野に入れ始めたところでまず問題となるのが引き受けてもらう弁護士ないし司法書士をどこの事務所にするかではないでしょうか。

一般的な事務所なら初回相談は無料で行えます。

担当者が安心して任せられる相手なのかどうか、無料相談ではっきりさせることが出来るはずです。

加えて、法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関である法テラスでも相談を無料で受けることができます。

たった一度の債務整理のせいで今後は借金をすることが不可能になるかといえばそれは違います。

ブラックリストから事故情報がなくなった後なら再度お金を借りられなくはありません。

けれども、任意整理を行っているただ中でまた借金をしようとするのは決してしないでください。

借りられる見込みがそもそも少ないことと、担当弁護士ないし司法書士がその話を聞きつけた時には、その後サポートしてくれなくなることも否定できません。