広島 借金問題

MENU

広島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

広島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

広島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、広島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、広島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【広島県全域対応】広島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

広島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(広島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
広島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理をしたら、ブラックが解除されるまで金融機関から融資を受けることができなくなるのでしょうか。

債務整理者が借入やローンの申請を制限される法律はありませんから、借入は可能だと言えます。

ただし、ほとんどの消費者金融や銀行での融資はほぼ無理だと思っておきましょう。

その一方で、中小企業が行っているキャッシングサービスなどでは審査をパスできるかもしれないので、諦めることはありません。

債務整理時に必要な費用ですが、依頼する弁護士事務所などによって違います。

例えば、任意整理ですと、基本料金が設定されていて、1社あたりいくらという計算方法になるうえ、これにプラスして成功報酬(減額が成功した金額の数十パーセント)を支払うことになっています。

一般的に、基本料金は債権者や債務の金額に関係なく固定料金として請求されます。

ですから、大した減額が期待できない相手に対しても任意整理をした場合は、弁護士などに支払う費用の方が高くなってしまう可能性があります。

借金の返済が滞ったらすぐに債務整理をするのではなく、まずは複数の借金をおまとめローンで一本化できないか確認してみてください。

そもそもの債務額は変わらないとはいえ、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

複雑になってしまった返済管理もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で弁護士などに債務整理を依頼するのも悪い方法ではありません。


着手金を支払って債務整理の依頼をしたのは良いものの、肝心の弁護士がいまいち信頼できず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、相手の方から降りない限りは、こちらから解任する必要があります。

手続きを忘れて他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、受任通知の二重送付にもなり、トラブルを招きかねません。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それから別の依頼先と契約するようにしましょう。

過去に自己破産をしていたり、その他の債務整理を行ってからでも、生命保険に加入することについては自由に行えます。

一般に保険というのは加入時に銀行や信販会社のように個人信用情報を確認することはないので、過去に債務整理した事実が分かることはないです。

つまり、生命保険というものは必要な保険料の払込みさえできていれば、特に債務整理の影響を受けることはまずないです。

自己破産は債務整理の最終的な手段ですが、もしそうなれば、預貯金についてはもれなく破産申立書の中で申告しなければいけません。

それから基本的に20万円を超える資産は保険の返戻金なども含め、すべてを債務の返済に充当するのですが、自己破産以外の債務整理では返済方法も変わってきます。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。

もし露見すれば、最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなるのですから、正確に報告したほうが身のためでしょう。


いくら自己破産が借金全てを清算できると言っても、免責されないものも存在します。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、その中で定められた非免責事項については支払義務が消えません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

それから、似たような扱いがされそうに思えますが、養育費は免責されないのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

普通は債務整理は個人個人で行いますので、長所と短所に関しても配偶者や家族は大した影響を受けず本人だけが気にすることになります。

それでも、実は例外もあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。

それから、カードを新規発行しようとしている家族が同じ住所に住んでいれば審査をクリアできないことも考えられます。

弁護士ないし司法書士に債務整理を委任する時には、準備しなければならないものがあります。

身分証明書、印鑑、クレジットカード、それから現在の借入の状況を示すあらゆるものです。

さらに、資産を持っていることを証する書類も必要になることがあります。

たとえ契約書が残っていないとしても、クレジットカードが見つからなくても、調べることは可能ですからそれだけで見切りをつけることはありません。