鹿児島 借金問題

MENU

鹿児島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

鹿児島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

鹿児島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、鹿児島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、鹿児島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【鹿児島県全域対応】鹿児島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

鹿児島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(鹿児島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
鹿児島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

弁護士に債務整理をお願いする際に、重要になるのが委任状という書類です。

この書類は、弁護士を債務者の代理人としてたてるために必要になります。

実際に委任契約を結んだ場合、相手に受任通知が送付されるため、法に則って、取り立て行為を止めることができます。

また、弁護士は法的に債務者の代理人の立場になり、全ての手続きを行ってくれます。

皆さんご存知のように、債務整理を行うと、借金地獄からは解放されるものの、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどのデメリットがあることを忘れてはいけません。

ここで問題になるのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。

現状としては、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

選べる物件の数が減るとはいえ、借りられる物件は残されていますから、住まいについての心配はそれほど必要ないでしょう。

債務整理に必要な金額は、債務整理を請け負っている弁護士事務所のHPを見るか、電話などで問い合わせると、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

もちろん、債務の状況によっては料金が変動することもありますが、よくある多重債務であれば、掲載されているような標準料金で債務整理を請け負ってくれると思います。

各弁護士事務所によって、対応も違いますから、相性の良い弁護士事務所を見付けることも重要になります。


裁判所の判定を仰ぐ自己破産や個人再生などの方法で債務整理をするのであれば、弁護士は代理人になれますが、司法書士はなれません。

というわけで、司法書士というのは計算したり必要書類を整えたりという仕事をすることになります。

債務者本人が裁判所に申し立てに行かなければなりませんし、裁判官とのやりとりも本人だけでしなければいけません。

債務の免除を目的とする自己破産を行う際は、申立に弁護士を使わないと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要です。

遺産相続の際などに資産の洗い出しもせず単純承認で相続した結果、マイナスのほうが多いとまさに「蓋を開けてビックリ」の状態で債務を抱えてしまいます。

ただ、打つ手がないわけではありません。

債務整理を行うのです。

ここで行われるのは任意整理であって、裁判所は通さずに、弁護士や司法書士を介して債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのです。

こうした事態を招かぬよう、遺産相続の時は安易に手続きしてはいけません。

過去に自己破産をしていたり、それ以外の個人再生、任意整理などの手続きを行った後も、医療保険や生命保険を契約するに際しては何の制限も受けません。

生命保険等の加入に際しては信用情報の照会をする保険会社はないですし、あえて問い合わせでもしない限り、債務整理をしたかどうか確認する術もないです。

つまり、月々の保険料さえ払えるのなら生命保険の契約自体は、債務整理の有無に左右されません。


任意整理によって債務整理を行うことにした場合、返済の際の延滞金や将来利息のカットが可能です。

ですが、元金カットも要望する時は、ハードルは高いでしょう。

担当が交渉力の卓越した弁護士や司法書士ならばもしかしたら減額されることもありえるかもしれませんが、元金の減額を承諾してしまうと明らかに債権者にとっては損になりますから、余程の事情がなければ了承されないでしょう。

債務整理をするのに任意整理による場合、債権者が交渉に応じないというケースもありえます。

任意整理は間に司法が入ることなく交渉を当事者同士が行い決定された返済額や期間で返済していく方法になります。

司法が干渉しないという事は、交渉を受け入れなくても債権者にとってなんら法的な義務違反にはならない訳です。

したがって、例えば返済歴がない等、誰が見ても債権者が不利と思われる状況では決着できないかもしれません。

信用情報機関に登録されている顧客の事故情報、通称ブラックリストの中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、どうやって債務整理をしたかで異なります。

債務整理をした方法が任意整理、個人再生、特定調整のうちのどれかなら完済してから5年程度が経過した頃まででしょう。

自己破産の場合は免責が裁判所に認められてから7年くらいというのが目安です。

ですが、目安に過ぎない数字ですから、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば最も確かでしょう。