鹿児島 借金問題

MENU

鹿児島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

鹿児島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

鹿児島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、鹿児島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、鹿児島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【鹿児島県全域対応】鹿児島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

鹿児島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(鹿児島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
鹿児島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、売掛金が残っていると、資産扱いとして処理されます。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生で債務を整理した結果、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

ただ、100万円の売掛金が残されているとして、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、結果的に220万円の債務が残ることになります。

たとえ、人には言い辛い内容であっても、弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。

信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

債務整理で自己破産の手続きを行うということは、これ以上支払いができるだけの資産が見込めないと判断されてこそできるのです。

まだ財産があるのなら、自己破産はできないことは当然ですし、債権を放棄した会社も納得しません。

嘘をつくことはデメリットしかありませんから、正直に伝えるようにしてください。

債務整理を行う場合、債権者が和解交渉に応じてくれることが必須になります。

任意整理を行う場合、対象となる債権者を選択し、それぞれに同意を得ながら任意整理を進めていきます。

けれども、任意であることに変わりはないので、交渉できない債権者もいます。

個人再生においては、任意整理の場合と異なり、複数の債務を一度に減額することになります。

ですが、過半数の債権者が反対した場合は、個人再生に失敗してしまうでしょう。


返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、依頼を受けた法律事務所などから債権者あてに「債務整理手続きを行います」という内容の書類を発送すると、借入先に通知が届いたその日から新たに発生することはありません。

しかし延滞から債務整理開始までの間の延滞利息が、結構まとまった額になっている例も少なからずあります。

債務整理の中でも任意整理を行っている最中でしたら交渉を行い、この部分について減額を求めることも可能です。

新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって必ず確認されるのが個人信用情報で、債務に関わることですので、過去の債務整理の履歴も記載されています。

これがある間はいわゆるブラック状態でローンを新たに組むことは不可能です。

たとえば自己破産を行えば個人信用情報の記録は免責決定が下りてから起算し、その他の債務整理を行った場合は残債の返済が終わった時点を基準に、最低5年位は残ると考えて良いでしょう。

自己破産の手続きに入る場合は、資産目録として一切の銀行預金、郵便貯金等は申告する必要があります。

資産があれば、20万円を超えた部分については借金の返済にあてられますが、これは自己破産ならではのシステムです。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは断じて考えないようにしましょう。

素人の考えることなどたかが知れていますし、発覚すると最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなることもあるのですから、真面目に申告しましょう。


非常に生活が苦しく債務整理の相談を検討しているけれど、どうしても誰かに弁護士事務所に入るところを見られたら困る。

もしくは直接事務所を訪ねる暇がないような場合は、相談をメールで行える事務所もたくさん存在します。

やはりやり取りにかかる時間は直接や電話よりも多くなってしまいますが、いつでも人目を気にせず行えるため、何よりも気を張らずに相談することができる方法ではないでしょうか。

日常的に借金をしているような人の中には、何回まで債務整理をすることができるのだろうと疑問を抱いている人もいるかもしれません。

一般的には回数制限はないので、何回でも可能です。

とは言え、一回でも債務整理を経験していて改めて債務整理を希望するとなると、債務整理にとる方法にもよりますが、本来よりも承認されにくくなることも考えられます。

ですから、いざとなれば債務整理といい加減に考えるのはいけません。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も債務整理はできなくはありません。

しかし、その手段は任意整理や個人再生といった支払総額の圧縮のみで返済義務は存続する方法のみとなります。

全借金をゼロにする自己破産ではギャンブルで生まれた借金については免責不許可事由に該当し、破産の申立を裁判所に行ったとしても免責される見込みは少ないでしょう。