鹿児島 借金問題

MENU

鹿児島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

鹿児島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

鹿児島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、鹿児島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、鹿児島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【鹿児島県全域対応】鹿児島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

鹿児島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(鹿児島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
鹿児島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理を行うデメリットもあります。

最もよく知られているものといえば、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

つまり、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

具体的な期間についてですが、どのような債務整理の方法を選択するかによって制限が解除されるまでの期間が5年から10年と変わってきます。

これまでに債務整理で借金を整理した経験がある人は、絶対に金融機関のローンや借入が不可能になるのでしょうか?債務整理者が借入やローンの申請を制限される法律はありませんから、借入は可能だと言えます。

ですが、大手消費者金融や銀行からの借入は厳しいでしょう。

逆に、小さな消費者金融ではお金を貸してくれる可能性があるので、悲観的にならず、問い合わせてみると良いでしょう。

債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合、再び借入することができるのでしょうか。

これについては、間が空かなければキャッシングサービスなどを利用することは諦めなければなりません。

債務整理をすると、最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、ブラック状態のままでは、ETCカードを買ったり分割で商品を購入するようなこともできなくなります。


借金の滞納で既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、やろうと思えば債務整理はできるものです。

ただ、原則として可能なのは訴えを起こした相手を交渉対象とする任意整理であり、ともすれば手続き開始と同時に訴訟が取り下げになることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

そして交渉が進んで合意に至れば、裁判で回収する理由がなくなるので訴訟は取り下げになり、先に決めた合意内容にのっとって返済していくことになります。

任意整理では問題にならないかもしれませんが、個人再生や自己破産のように裁判所を介する方法で債務整理をするのであれば、弁護士は代理人になれますが、司法書士はなれません。

というわけで、司法書士というのは計算したり必要書類を整えたりという業務と依頼者への手続きの指導を主に行うようになります。

債務者本人が裁判所に申し立てに行かなければなりませんし、裁判官とのやりとりも本人だけでしなければいけません。

自己破産のように債務が免除される場合はやはり弁護士に依頼しないと、スムースな手続きができません。

もし自己破産するのであれば、預貯金は包み隠さず申告しなければなりません。

総額が20万円までは生活に必要な額として残すことができ、それを超える部分は債権者へ分配(返済)されますが、基本的に資産一切を手放すというのが自己破産の特徴です。

家族名義にしようとか、解約すればわからないだろうなどとは考えてはいけませんし、実行するのは言語道断です。

仮にどこかで発覚したとして、原則として免責が受けられないので、出来心としては随分高い代償を払うはめになります。


債務整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、大した問題とはならないものの、債務整理の手段を自己破産にするのであれば、財産隠しは禁忌の一つです。

破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律で最大限度が定めてあります。

基準の外に出る分は処分しなければなりませんが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が不許可になるのに加えてもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。

信用情報機関に事故情報が記録されることを言う通称ブラックリスト入りと、自己破産、または、個人再生ならば官報上に個人情報が載ることが債務整理をする上でのデメリットと言えます。

と言っても、ある程度の期間の後に事故情報は抹消されますし、官報に普段から目を通している人は特定の人々のみです。

それと、借金に際して保証人を頼んでいる時はその人がとても迷惑を被る可能性が高いです。

状況は人それぞれですから、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは話が変わってきます。

まず前者の場合は、将来利息の支払いが免除となることで支払い総額が減少しますが、信用情報に傷がつくことで新たな借金はそれが回復するまで無理というデメリットが考えられます。

一方、後者の場合には借り替えで利息を下げられれば支払いの総額をやや減らせますが、債務整理には及びません。

けれども、返済をしっかり続けられるならば信用情報に傷をつけずに済みます。