金沢 借金問題

MENU

金沢で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

金沢で借金問題の無料相談ならこちらから

 

金沢で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、金沢で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、金沢で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【石川県全域対応】金沢で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

金沢で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(石川県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
金沢で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

増えすぎた借金は、債務整理をすれば、払える程度の債務にまで減額してもらうことができるでしょう。

ですが、このことは信用情報機関に金融事故歴アリとして登録されます。

こうなってしまうと、ブラックとして扱われるため、審査にひっかかり金融機関のサービスが受けられなくなります。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、覚えておきましょう。

もし、自己破産や個人再生をしたのなら、債務整理者の名前と住所が官報に公告されることは避けられません。

国の機関誌である官報に、自己破産ならば二度掲載されますし、個人再生をした場合は三度掲載されます。

掲載される期間は1ヶ月程度と言われていますが、官報は一般的になじみがあるのものではないですし、官報のせいで周囲の人間に債務整理したことがバレてしまうようなことは、まずありえません。

任意整理を行ったのであれば裁判ではありませんから、官報には公告されません。

個人再生を行った人が自営業者だった場合は、現金化されていない売掛金があると、資産扱いになります。

分かりやすく説明すると、1000万円の借金がある個人事業主の場合、個人再生を行うと、200万円まで減額されると思います。

とはいえ、もし売掛金として100万円がでてきたら、この5分の1の20万円分をプラスした結果的に220万円の債務が残ることになります。


個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。

自己破産については、返戻金が20万円を超える場合は解約して返済に充当することになります。

一方、個人再生の際は、自己破産と違って解約する必要はありませんが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

任意整理の場合は解約義務もないですし、返済額に影響することもありません。

普通、債務整理を引き受けてもらう際は、まず最初に法律事務所や法務事務所などに対し、依頼を受けてもらう「着手金」を払わなければなりません。

着手した処理が終了すれば成功報酬が必要になりますし、着手金や報酬以外の出費としては、所轄の裁判所ならびに債権者のもとに行くための交通費や、裁判所への申し立て書などに貼る印紙税(印紙代)も考慮しておくべきです。

しかし交通費や印紙代などは実費が基本ですから、手数料的な加算はないはずです。

不安であれば確認しておくと良いでしょう。

個人再生や任意整理を行う際は安定収入があることといった条件がつきますが、もし生活保護を受けている場合はこれらの手続きはできませんから気をつけてください。

最低限の生活が送れるよう支給するのが生活保護費ですから、借金返済などに流用すれば、生活保護費の支給を打ち切るといった例も過去にありました。

したがって、生活保護を受給している間に債務整理するとしたら、とれる手段は自己破産だけと考えて間違いありません。

隠すより、早く弁護士等に相談することをおすすめします。


一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには何種かの方法が考えられます。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額がどうこうと言う話ではなく支払い自体を継続しがたいのか。

どんな状況なのかによって適した方法も違います。

一人で手続きをしてもかまいませんが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

自己破産をするとあらゆる借金がなくなるとは言え、免責されないものも存在します。

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が消えません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

一方、一緒くたにしてしまいそうになりますが、非免責事項に養育費は含まれていますが、離婚の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。

債務整理をしたことがある人はその後一切の借金ができないかというと、そんなことはありません。

ブラックリスト上の事故情報がなくなれば新しい借金ができる場合もあります。

だからと言って、任意整理中の身でさらに借りようとする事は絶対にしてはだめです。

まず借りられない確率が高いことと、その行動について担当弁護士か司法書士の耳に入ると、その後サポートしてくれなくなることも否定できません。