神戸 借金問題

MENU

神戸で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

神戸で借金問題の無料相談ならこちらから

 

神戸で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、神戸で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、神戸で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【兵庫県全域対応】神戸で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

神戸で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(兵庫県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
神戸で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

きちんと債務整理を完了したのなら、また融資を受けられるようになるかどうかは、重要な問題でしょう。

実のところ、ある程度の時間を置かなければキャッシングやローンを使うことが難しくなるでしょう。

債務整理を行ったことは金融事故としてブラックリストに5年間は登録されてしまいます。

そのため、この期間はキャッシングはもちろん、ETCカードの購入や分割払いでの買い物も簡単にはいかなくなるでしょう。

債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、なかなか債務整理で借金を清算できないという話を聞きますが、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚することは、ほぼありえません。

もし、任意整理をしたのなら、確実に伝わることはありません。

他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、弁護士がしっかりと債務整理の手続きを行ってくれたら、職場に通告がいくようなことは避けられるでしょう。

逆に多重債務のまま仕事を続ける方が危険だといえます。

増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、債権者との交渉によって残った債務を毎月支払いながら完済を目指します。

この最中にお金にゆとりが出た場合には、繰り上げ返済をして今後の返済の負担を減らしたり、一度にすべて払い終える方法も使えます。

もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、自分で行動するより、担当の弁護士などに頼んだ方が良いと思います。


弁護士だけと思われることも多いのですが、司法書士でも債務整理は可能です。

ただ、任意整理の場合には個々の債務が140万円以内に限られています。

手続き開始時にそこまでの遅延利息込みの金額が140万円以上になると、認定司法書士では手続きに携わることはできません。

計算さえしていればこのようなことは防げますから、債務整理で司法書士を頼る際はその時点で債務額をしっかり計算しておくべきです。

銀行を債権者に含む債務整理を行う際は、債務者自身が保有している口座がそこにある時は凍結される可能性があります。

凍結する理由は単純で、資産があるときに少しでも借金の返済に回せるからです。

ただし、もし自己破産を行ったのなら残高20万円以内の預金は法的に本人のものとして残しても良いことになっているので、原則的に20万円のリミットを超えた場合だけが負債の支払いに充てられます。

ただ凍結が解除されないと、家賃や光熱費の引き落しができません。

返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、本人から依頼された弁護士や認定司法書士がこの債務整理を請け負いましたという手紙を債権者に送ると、相手方に届いた時から停止します。

とはいえ実際に返済が不可能になってから手続き開始に至るまでの期間に遅延利息がかなり増えていることもしばしばです。

任意整理をするのであれば、弁護士から債権者に働きかけ、この部分について減額を求めることも可能です。


通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が記載されること)と、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。

けれども、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、常日頃から官報を見ているような人はごく一部です。

他には、借金時に保証人となった人がいる場合はその人にとってかなりの厄介事となる恐れがあります。

現在発生している利息とこの先発生する利息がカットされて返済額を元金だけにする方法が、任意整理という債務整理の方法の一種です。

債権者に掛け合って、和解が成立すれば、支払総額から利息分が差し引かれることで、各月の返済額を減ずることができます。

ですが、元金のカットがなければどう考えても返済に苦しむようなケースでは、個人再生という他の債務整理の方法による手続きを選択するといいでしょう。

手続きを自分で済ませようと思えばどの債務整理でもできなくはないものの、そのやり方は極めて面倒です。

それに、任意整理においては直々に債権者と交渉を要するため、こちらが不慣れであることがわかれば厳しい交渉となることもありえます。

経費を要するものの、専門家である弁護士ないし司法書士に任せれば手続きをさくさく進めたいのなら最もいい方法です。

コストに関しては法テラスで相談に乗ってもらえます。