神戸 借金問題

MENU

神戸で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

神戸で借金問題の無料相談ならこちらから

 

神戸で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、神戸で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、神戸で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【兵庫県全域対応】神戸で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

神戸で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(兵庫県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
神戸で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、重度のうつ病が多重債務の要因になったというケースも珍しくありません。

仕事ができずに返済費用が工面できなかったといったケースや、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに債務が膨らんでいたとは、言い辛いものです。

ですが、そのせいで孤独に悩むという人が後を絶ちません。

そのために、さらにうつ病が酷くなって、最悪のケースを辿ることもあるのです。

増えすぎた借金を債務整理で清算すると、クレジットカードの更新日以降、利用不可になる恐れがあります。

借金をしていた業者が信用情報機関に加盟しているのであれば、債務整理の結果、個人情報と共に事故歴が保存されてしまい、情報を共有されるのです。

更新日を迎えずとも、利用不可能になるケースもあるため、何らかの料金の引き落としがクレジットカードになっているケースでは、他の方法を考えなければいけません。

もし債務整理を無事に終わらせることができたら、金融機関のローンや借入は、またできるようになるのでしょうか。

これについては、間が空かなければお金を借りることはほぼ不可能になるでしょう。

一度でも債務整理をすると、事故歴アリとして5年以上はブラック状態になりますから、ブラック状態の間は、例えばETCカードを買うことも難しくなるでしょう。


債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、その時点での債務と相殺するのが特定調停の特徴です。

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、本来は返金請求できるはずですが、特定調停では返金はなく、ただ債務がゼロ円になるだけの話です。

比べてみて、もし過払い金がまとまってあると予測がつくのでしたら、相殺目的の特定調停などはせず、返還が期待できるという意味で過払い金請求を行うほうが良いのです。

クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で金融機関が参考にするのが個人信用情報ですが、これには過去の債務整理の履歴も記載されています。

記録がある間は当然ながらカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないと思った方が良いです。

自己破産の場合ですと、記録は破産手続きによる免責許可が確定した時から、個人再生や任意整理の手続きをした時は手続き後に残った債務を完済した時から5年程度は少なくとも消えることがありません。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、委任契約から手続きが終わるまでの期間、手続きをしてくれる法律事務所等に毎月お金を積み立てるというケースがあります。

債務整理をお願いすると交渉中の借入先への債務の返済が一時停止の状態になるので、その資金を毎月積み立てていき、一連の債務整理が終了したあとに成功報酬として弁護士事務所等に支払い、残った分は債務の返済に充当するわけです。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者自身が必ず債務者と個別に面談をする必要があるとして、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が発表しています。

メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、対面での面談なしに請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、面談義務に従っていないという事になります。

借金に際して保証人を頼んでいる場合は、保証人も債務整理の影響範囲に入ります。

どうやって債務整理をしたかでその影響はそれぞれで、任意整理や特定調停の場合には書類の記入が必要なだけで請求の矛先は保証人には向きません。

けれども、個人再生とか自己破産の場合には、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、全額の返済を保証人が肩代わりしなければなりません。

パチンコや競馬などギャンブルをして借金を作った場合でも返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。

けれども、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルで生まれた借金については免責不許可事由として取り扱われ、裁判所で破産申立をしようがあまり免責は期待できません。