甲府 借金問題

MENU

甲府で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

甲府で借金問題の無料相談ならこちらから

 

甲府で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、甲府で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、甲府で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【山梨県全域対応】甲府で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

甲府で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(山梨県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
甲府で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

弁護士に債務整理をお願いする際に、重要になるのが委任状という書類です。

この書類は、弁護士を債務者の代理人としてたてるために必要になります。

実際に委任契約を結んだ場合、相手に受任通知が送付されるため、法に則って、取り立て行為を止めることができます。

また、弁護士は法的に債務者の代理人の立場になり、全ての手続きを行ってくれます。

皆さんご存知のように、債務整理を行うと、借金地獄からは解放されるものの、ブラックになり、ローンを組んだりクレジットカードを使うことが難しくなるなどのデメリットがあることを忘れてはいけません。

ここで問題になるのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。

現状としては、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

選べる物件の数が減るとはいえ、借りられる物件は残されていますから、住まいについての心配はそれほど必要ないでしょう。

債務整理に必要な金額は、債務整理を請け負っている弁護士事務所のHPを見るか、電話などで問い合わせると、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

もちろん、債務の状況によっては料金が変動することもありますが、よくある多重債務であれば、掲載されているような標準料金で債務整理を請け負ってくれると思います。

各弁護士事務所によって、対応も違いますから、相性の良い弁護士事務所を見付けることも重要になります。


しばしば誤解されるのですが、弁護士に限らず、債務整理というのは認定を受けた司法書士に依頼することもできます。

とはいうものの、原則140万円以下の債務に限るという制限があるため、手続き開始時に遅延損害金等を含めた額が140万円を超えてしまうと、仮に139万円のときに依頼を受けていても、司法書士は交渉継続は不可能です。

そもそも計算が出来ていれば回避できる問題ですし、どうしても司法書士に依頼するのであれば、事前に債務額をきちんと整理、把握しておく必要があります。

一概に債務整理といっても種類があるのですが、任意整理の場合は裁判所の手を経ることはありません。

あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合は本人がいくら希望しても裁判所を通さずにはいられません。

しかし、債務者自身が裁判所に何度も行かなければいけないかというと、そうでもありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、本人の代わりに弁護士が代理人になり、個人再生でも自己破産でもやりとりの大半を行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。

せっかく債務整理を依頼しても、手続きが思うように進まず弁護士や司法書士への依頼そのものをなくしたい時は、解任という手続きを踏まなければいけません。

手続きを忘れて他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、受任通知の二重送付にもなり、要らぬトラブルを招き、悩みの種が増えるだけです。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それからあらためて新しいところと委託契約を結んでください。


任意整理の場合は無関係で、個人再生の場合は基準が甘いので、さほど問題にされることがないですが、自己破産によって債務整理を考えた時は、タブーの一つに財産隠しが挙がります。

裁判所に破産の申立をする際、持っていてよい現金と資産は法で上限の規定があります。

それを超過した分は処分を要しますが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が認可されないのはおろか場合によっては詐欺罪に問われかねません。

返済義務を持つ全ての債務について免責が受けられるのが自己破産というものですが、自己破産を申請したにも関わらず免責されないというケースも存在します。

と言うのは、良からぬお金の使い方をしていた場合です。

一例として、ギャンブルや投資への利用や、過剰なショッピングを幾度となくしているようだと当てはまります。

こういった訳で免責されないとなれば、債務整理を異なる手段で行うしかなくなります。

状況は人それぞれですから、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは違うでしょう。

前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、引き換えに信用情報に傷がついてそれが回復するまでは新しい借金をすることは不可能というデメリットがあります。

一方、後者の場合には借り替えで利息を下げられれば多少の支払い総額減少は期待できますが、債務整理には及びません。

けれども、確実に払っていくことができるならば信用情報は無事です。