熊本 借金問題

MENU

熊本で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

熊本で借金問題の無料相談ならこちらから

 

熊本で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、熊本で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、熊本で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【熊本県全域対応】熊本で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

熊本で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(熊本県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
熊本で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

クレジットカードそれ自体はとても便利なものですが、買い物に使い過ぎたら月々の支払いに苦しまされることになります。

こうした場合に行いたいのが債務整理です。

債務整理をすれば、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、月々の支払いができる金額に組み直して支払っていくことができます。

でも、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、場合によっては、ショッピング枠で購入した商品が整理の対象になり、クレジット会社に引き上げられることがあります。

債務整理について説明します。

これは借金を整理するための手法の総称のことで、具体的には、自己破産、特定調停、個人再生、任意整理などが含まれています。

特に、任意整理は裁判所が関与しないので手続きが容易なこと、さらに手続きが終わるまでの期間が短いというのが、人気の理由でしょう。

担当する弁護士や司法書士が、受任通知を各業者に送付するので、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。

その他の債務整理では、まず間違いなく裁判所を通すことになります。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、ある程度の期間は、クレジットカードを使ったり住宅ローンなどを利用するのも難しくなります。

なぜなら、債務整理者はいわゆる「ブラックリスト」に登録されてしまうためです。

債務整理後のおよそ5年間はこうしたサービスが受けられなくなるので、時間が過ぎるのを待ってください。


債務整理といっても実際は3種類に分かれていて、裁判所の判断を仰ぐ個人再生、弁護士等を通して交渉する任意整理、それと、借金が帳消しになる自己破産となります。

最初に挙げた任意整理や個人再生といった債務整理は、依頼主に定収入がなければいけません。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は膨らんだ借金の減額が目的ですから、完済まで月々返済していかなければなりません。

完済まではずっと借金を返していくのですし、安定した収入があることが不可欠なのです。

債務整理を頼んだにもかかわらず、どうも頼りにならない弁護士であるがゆえに、委任関係の解消を希望する際は、解任という手続きを踏まなければいけません。

それを省いてよその弁護士事務所などに別途依頼すると、介入通知を債権者に二度送付することになり、事態が余計厄介な方向に進んでしまいます。

ですから、古い依頼の方はきちんと解任手続きをとった上で、ほかのところに依頼してください。

収入がある人が債務者の場合、過払い金を再度計算し、現状の債務と相殺することを話し合うのが特定調停という制度です。

けれども過払いの部分が債務を上回るときは、特定調停の場では払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。

計算して、過払い金がそれなりにあるというのであれば、特定調停などは効果が薄いので、最初から過払い金請求を行った方が良いでしょう。


債務整理を任意整理で行うなら、債権者が交渉に応じないというケースもありえます。

任意整理とは司法が関与せずに当事者同士の交渉により合意された返済額や期間に基づいて返済をしていく方法です。

司法が入らないイコール、債権者が交渉に応じなければならない法的な義務は存在しないという事に変わりありません。

よって、全く返済をしていなかったり、極めて債権者に都合の悪い状況であれば折り合いがつかない事もあるでしょう。

現在発生している利息とこの先発生する利息がカットされて返済額を元金だけにする方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。

債権者と談判して、話がまとまったならば、利息をつけずに支払うため支払総額は少なくなり、月に返済する額を小さくすることが可能です。

ですが、元金のカットがなければ返済が困難な人は、個人再生と呼ばれる他の方法による事になるでしょう。

現行では貸金業法が定めている通り、貸付は年収の三分の一までという総量規制があります。

けれども、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。

他にも、貸金業とは別のため総量規制が適用されない銀行への借金などで、知らず知らずのうちに借入額が年収を凌ぐまでに大きくなっている場合も少なくありません。

そういった場合はハードな返済になりますので、債務整理を勘案するべきです。