前橋 借金問題

MENU

前橋で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

前橋で借金問題の無料相談ならこちらから

 

前橋で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、前橋で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、前橋で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【群馬県全域対応】前橋で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

前橋で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(群馬県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
前橋で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

一部の債権者を選んで借金の整理をする任意整理とは違い、自己破産や個人再生のケースでは、全ての借金をまとめて整理することになります。

法の手続きをとっていない任意整理では、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、強制的に和解交渉を進めることはできません。

弁護士や司法書士といった、専門家にお願いした方がスムーズに交渉が進みますが、もし、弁護士などに依頼するのなら、債務の詳細をすべて申告しましょう。

秘密にしたままでは、不信感を持たれ、担当を辞退されてしまうかもしれません。

借金のことや債務整理をしたことが職場にバレることを恐れて、なかなか債務整理で借金を清算できないという話を聞きますが、実際のところ、債務整理の事実が会社に伝わる可能性は低いです。

任意整理を行ったのであれば、知られることは絶対にないといえます。

他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、担当する弁護士などにきちんと伝えておけば、職場に通告がいくようなことは避けられるでしょう。

むしろ、借金を背負ったままの方が、会社に発覚する可能性が高いでしょう。

債務整理の際に、車の処分を避けたいのであれば、カーローンはそのままにしておいて、債務整理の方法を選ぶことによって、車を処分せずに済むかもしれません。

しかし、実際に車の所有が続けられるかについては、債務者が日常生活を送る上で、車の有無がどれだけ影響を与えるかで違います。

車がなければ生活が破綻してしまうというようなケースでない限り、債務整理の際に車を手放さなければならないでしょう。

そのため、担当の弁護士などと打ち合わせをして、どれだけ車が必要なのかを伝えると良いでしょう。


債務整理は大きく3通りありますが、任意整理の場合は裁判所の手を経ることはありません。

あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合は弁護士だけでできるものではなく、裁判所の判断に委ねることになります。

とはいえ、必ずしも当事者がしょっちゅう裁判所に呼び出されるのかというと、そんなことはないです。

手続きをしたのが弁護士であれば、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人として裁判所での手続きのほとんどを代行できるので、債務者本人の負担はかなり軽くなります。

どういった種類の債務整理であろうと、司法書士や弁護士等からの受任通知が届いた時から、取立て、催促といった行為は厳しく制限されています。

ですが、こうした期間中にもかかわらず、任意整理の際は債権者が裁判所に訴えることも多いです。

もともと任意整理は裁判所を通さない交渉なのですが、債務者には借りたお金を返す義務があるように、債権者には返済を求める権利があります。

ですから、返金を求めて提訴するのは当然なのです。

すべてとは言いませんが、消費者金融の中には任意整理の介入通知を送るとお決まりのように訴訟に出る会社があります。

こうしたところが借入先の場合は、気をつけた方が良いでしょう。

任意整理で和解に達しても、返済すべき債務は残ります。

弁護士費用をかけて債務整理したけれど、肝心の減額が思うようにできなかったという例も少なからずあるみたいです。

債務整理という手段を選択するなら、あとあと悔やまないよう今一度考える時間を持つべきです。

借金や債務関連の相談を無料で行っている司法書士や弁護士事務所もあるようですから、連絡をとることから始めてみてはいかがでしょう。


過去に債務整理を行っている人が、 二度目の債務整理をしようとすると、債務整理を最初に行ったときにとった方法によって手続きに違いが出てきます。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。

かたや、任意整理だと期間の条件はなしです。

一般に債務整理を二回目に行おうとしたときは一回目に比べ認めてもらうのが難しいですし、それが二度目の自己破産の場合は特に相当な難しさになるでしょう。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になります。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかという点です。

任意整理の場合は債権者と債務者が相談し将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月ごとの返済をしていく方法で、概して元金については変わりません。

それに対し、民事再生ではまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が持つ事故情報の中の債務整理の情報はいつになったら消えるのかというと、債務整理でとった方法によって差があります。

債務整理をした方法が任意整理、個人再生、特定調整のうちのどれかなら完済してから5年程度が経過した頃まででしょう。

ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてからおおよそ7年程度と思われます。

ただし、目安以外の何物でもないため、自ら信用情報機関に登録されている情報を確認してみるのが何より明らかです。