松山 借金問題

MENU

松山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

松山で借金問題の無料相談ならこちらから

 

松山で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、松山で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、松山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【愛媛県全域対応】松山で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

松山で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(愛媛県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
松山で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

普通、債務整理というと、特定調停や任意整理、あるいは自己破産や個人再生といった種類があります。

特に、任意整理は直接、債権者と交渉するので、裁判所を通すことがなく、債務整理が長期化することがほとんどない点が特徴です。

弁護士などに依頼すれば、債権者に受任通知が送付されるので、取り立ての電話や手紙も止まります。

なお、特定調停や自己破産、個人再生で債務整理を行う場合は、裁判所を通して手続きを行う必要があります。

債務整理をすると、本人はブラックになり金融関係のサービスに制限がかかりますが、債務者以外の家族に問題が生じるという話は聞いたことがありません。

家族名義の財産が没収されたり、金融機関でローン審査をパスできなくなることは絶対にありませんから安心してください。

とはいえ、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

こういったケースでは、保証人になっている家族が債務者の返済義務をすべて負うことになりますから、家族にも大きな影響が及ぶと言えます。

債務整理を考えている方は、その前に「おまとめローン」などで借金の一本化を図ってみてはいかがでしょうか?借金の総額は変わりませんが、高額借入として扱われるため、金利が下がり、利息負担が軽減されます。

煩雑になっていたそれぞれの会社への返済もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

債権者の数が多すぎると、おまとめローンも組めないこともありますが、その時に実際に債務整理に着手するのも間違いではありません。


個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が何年間は保持されます。

情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

つまり、銀行、信販会社、貸金業者などに勤めようとする場合がそれに該当します。

債務整理をしたという記録が残っていれば、状況次第ではそれが元で不合格にする可能性も否定できません。

採用する側も全員の信用情報をチェックしているかどうかはわかりませんし、運に頼るしかありません。

出来れば自分の力だけで返済していきたいと思う気持ちは理解できますが、どうやっても返済に行き詰ってしまった際は債務整理も視野に入れて考えてみてください。

普通の給与収入の場合、債務整理を検討するタイミングというのは、月々返している返済の額が手取りの3割超になっているといった状況が挙げられます。

任意整理で弁護士等を訪れるのはこのタイミングが多いのですが、失業期間が影響しているケースもあります。

個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点ですべての借入先を整理対象としますが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に手続きするため、3件あれば3件とも対象にすることもできますが、大抵は減額幅の大きな債権者を選んで交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

しかし、任意整理の申し出はあくまでも「お願い」ですから、もし債権者がいやだと言えばその債権者に対する債務は減額されません。


保証人を設定している借金については、債務整理で保証人にも影響が及びます。

どの方法で債務整理を行ったかによってその影響には差があり、まず任意整理や特定調停においては書類の記入が必要なだけで保証人は請求を受けません。

一方、個人再生や自己破産の時は、保証人に直接請求をすることが債権者に認められるので、請求された全額の支払いを保証人が肩代わりしなければなりません。

多くの場合、債務整理が原因で国内外の旅行が制限されたり引っ越しが制限されたりということはありません。

パスポートを取得する際も悪影響はありません。

ところが、その例から漏れるケースが1つだけあります。

と言うのは、自己破産の申立をしているただ中だけは、裁判所がいつでも自分の居所をわかっているという状態にしておくことが必要で、転居や旅行をするには裁判所に許可してもらう必要があります。

免責の認可が裁判所から発出されたら、その他の債務整理と同じく、制限されることはありません。

貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出来ないという総量規制が存在しています。

ですが、既に総量規制がされるようになった時点には三分の一以上の借金が出来上がっていた人もいるでしょう。

他にも、貸金業とは別のため総量規制が適用されない銀行への借金などで、知らず知らずのうちに年収を超えるような借金になっている例も珍しいことではありません。

そういった場合はハードな返済になりますので、債務整理を考えた方がいいです。