松山 借金問題

MENU

松山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

松山で借金問題の無料相談ならこちらから

 

松山で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、松山で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、松山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【愛媛県全域対応】松山で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

松山で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(愛媛県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
松山で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

多くの人が、債務整理では弁護士などに依頼することを考えると思います。

とはいえ、当然、お金を支払わなければなりません。

借金を抱えているから債務整理するのに、そんなお金はないと不快な気持ちになる人も多いのですが、こればかりは、どうしようもないでしょう。

でも、彼らも状況を把握していますから、分割や後払いでもOKなところもあります。

はじめにしっかりと相談するようにしましょう。

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。

ですので、お持ちの携帯電話会社を債務整理の対象から外しておけば、今の携帯をそのまま所有することもできます。

ちなみに、新規契約、機種変更ともに可能ですが、ローンでの支払いはできなくなっていますから、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

ですが、携帯料金が未納の状態ならば、このようにはいかないでしょう。

今から5年ほど前の話ですが、多重債務状態になって、合わせて300万円に及ぶ借金を作ってしまったことがあります。

それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。

当時は不況で、新たな職場も見つけられず、それまでの貯金も底をついて、キャッシングで生活を送っていました。

少し経ってから今の会社で働けるようになりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、最終的には債務整理を行いました。

今は借金も払い終え、一般的な暮らしが送れるようになりました。


自己破産ではなくその他の債務整理を選択するためには原則として安定収入があることが前提となりますが、現状で生活保護を受けている場合は、収入とは見なされないので注意が必要です。

本来、生活保護費というのは最低限の生活を保障するためのものですから、借金の返済のために使うなどということが知れた場合、支給停止ということも現実としてあるわけです。

したがって、生活保護を受給している期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。

そうすると新規の借入れは受け付けてもらえませんし、既に所有しているクレジットカード等も使えなくなります。

当面は新たにカードを申し込んでも、審査で落とされるはずです。

いま現在ある借入れについては、自己破産しないかぎり債務を返済する義務は残っていますので、完済に向けて支払いを続けていきます。

個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が何年間は保持されます。

その事実は時々、就職や転職に響いてくることもあります。

例えば金融業界など、個人信用情報を閲覧できる会社に勤めようとする場合がそれに該当します。

過去に債務整理を行っていたのがわかると、それだけが原因ではないにしろ、最初から不採用の返事をしてくる可能性もあります。

採用する側も全員の信用情報をチェックしているかどうかはわかりませんし、自分の手に負える話ではありません。


債務整理で弁護士や司法書士の力を借りたいものの、経費を工面するのが厳しそうなのでしたら法テラスに話をしてみてはどうでしょうか。

公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。

借金に関しての相談は無料で応じてもらえますし、困窮している人には民事法律扶助制度により、弁護士ないし司法書士への依頼と報酬にかかる費用を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。

現時点では貸金業法によって、貸付は年収の三分の一までとするという総量規制が存在します。

ですが、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。

あとは、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、いつしか年収を超えるような借金になっている例もよくあることです。

そうした時は返済が容易ではありませんので、債務整理を勘案するべきです。

その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は借金が全く残らない方法であり、とても強力です。

とは言え、誰であっても申立をすればできるとは限らず、裁判所から免責許可をもらわなければなりません。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

特に無い場合では3ヶ月程度で決定されますが、有る場合は債権者に財産を分配していく管財事件となるため、1年かかるようなケースもなくはありません。