水戸 借金問題

MENU

水戸で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

水戸で借金問題の無料相談ならこちらから

 

水戸で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、水戸で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、水戸で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【茨城県全域対応】水戸で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

水戸で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(茨城県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
水戸で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

自己破産や任意整理などの種類がある債務整理は、どのようなかたちであっても多重債務の状態から抜け出すのに必要な方法ですが、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。

もしかすると、この債務整理中にも、また借金をしてしまう人がいるかもしれません。

とはいえ、債務整理の最中に再びどこかで借金を重ねるようなことは以ての外です。

仮に、このことが伝わってしまったら、裁判所で更生の可能性がないと判断され、免責許可が下りず借金の支払義務だけが残る可能性もあるのです。

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、家族が負担を負う可能性は低いです。

家族が所有している資産や財産はそのままですし、今後、金融機関などでお金を借りることができなくなることは、まずないでしょう。

でも、問題になるのは、保証人が家族の場合です。

債務整理をすると、保証人である家族が返済義務を負うことになるので、家族が苦しい思いをすることになります。

もし、債務整理をしたのであれば、返済の負担から解放されることができます。

ただし、このことは信用情報機関に金融事故歴アリとして残されます。

こうなるとブラックリストに名前が載っていることになるので、ローンやキャッシングの審査を通ることができなくなります。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、気を付けてください。


法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、自己破産や任意整理などの債務整理は扱えないことになっています。

料金は弁護士より若干安いようですが、司法書士の場合、任意整理だと債務一件あたりの総額が延滞料なども含め140万円以内でなければなりません。

それ以外にも、自己破産や個人再生では弁護士が債務者の代理人になれるのに対し、認定司法書士でも代理人にはなることは認められておらず、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

奨学金の借り入れをする場合は保証人と連帯保証人の両方が必要ですが、その保証人が過去に債務整理を行っていると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。

もしそういった心配があるのでしたら、機関保証という制度を使えば最初から保証人不要で貸与型奨学金を申し込むことが可能です。

毎月の奨学金から保証料が自動的に引かれるので、最初にまとまった保証料を用意する必要もありません。

本来、債務は自分で返済すべきですが、どうにも返済の見込みが立たないときには、現状を打開する手段として債務整理が有効です。

一般に債務整理を行う時期はいつかと言うと、月々返している返済の額が手取りの3割超にかさんでしまった時が挙げられます。

この頃に弁護士事務所に任意整理で相談に訪れる人が多いのですが、失業期間が影響しているケースもあります。


債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。

異なる点は、元金の減額があるかないかです。

任意整理をする時は債権者と債務者の間ですり合わせを行って返済額は将来利息をカットしたもので決定し、月々の返済をしていくもので、普通は借り入れの元金は不変です。

それに対し、民事再生では返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば元金の減額となり、残りの返済を続けることになります。

自己破産は、それ以外の債務整理の方法とは違って全ての借金がチャラになるという強力な効果を持つ方法です。

けれども、どんな人でも申立をすればできるという訳ではなく、絶対に裁判所に免責許可を出してもらう必要があります。

申立の後、免責可否が判断されるまでの免責期間は、当人の財産状況によって差があります。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、財産が有ればそれを債権者に分配することになるので、管財事件となり、1年かかるようなケースもなくはありません。

債務整理の手段全てと同じで、過払い金請求の手続きも個人で可能です。

この時、最初に取引履歴の開示請求を行いますが、ゼロ和解の提示がその際にあるかもしれません。

つまり、残債をゼロにする代わりにこの話は解決としませんかと言ってくるのです。

もし取引履歴を確認する前にOKしてしまえば過払い分がいくらあるのか知らずにいることになります。

易々とゼロ和解をOKしてしまうと損失を生むことにつながりかねません。