長野 借金問題

MENU

長野で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

長野で借金問題の無料相談ならこちらから

 

長野で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、長野で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、長野で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【長野県全域対応】長野で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

長野で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(長野県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
長野で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理によって、本人以外の家族に影響が及ぶことはあるのでしょうか?実際のところ、家族が負担を負う可能性は低いです。

本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、ローンが組めなくなったりするなどという心配はありません。

けれども、家族の中に、債務者の保証人として名前を貸している人がいれば、こういう訳にはいかないでしょう。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、家族が苦しい思いをすることになります。

債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと借金地獄からは解放されるものの、ある程度の期間はローンやクレジットカードの契約ができなくなるといった問題もあります。

そして、誰もが気になるのが債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。

結果的に、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、借りることは不可能ではありません。

多重債務などで債務整理をした場合、この事実がJICCやCICなどの信用情報機関に一定期間保存されるでしょう。

ちなみに、保存期間ですが、JICCでは、ほとんどの債務整理において約5年間は保存されます。

CICには、自己破産のケースは5年ほど残ると言われていますが、個人再生や任意整理を行った場合、情報が残ることはありません。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はキャッシングやローンの審査が通らないといったことが考えられます。


成功報酬に充てるべく債務整理中に弁護士や司法書士に言われて積み立ててきたお金は、報酬支払い後の残金は当然ながら依頼者の元に戻ってきます。

それなりの額を積み立てるのは大変かもしれませんが、最後に成功報酬に充当するわけで、本来は毎月の返済に充てるはずの費用をつい使ってしまったなんてことにもなりません。

できるだけ行っておくことをお勧めします。

最近では任意整理をするときは、受任通知を送付してから手続き終了までの間、依頼した弁護士事務所の口座などに月々いくらかを積み立てていく場合があります。

積立金の第一の使途は弁護士報酬です。

手続きが始まると該当する債権者に対する支払いが一時的に保留されるので、浮いた分を積み立てておき、和解が済んでからの成功報酬として弁護士や司法書士に支払うのです。

これ以上ローンの返済が難しい状態になり、いよいよ個人再生や任意整理といった事態になると、当たり前かもしれませんが賃貸物件に居住している人なら、家賃の支払いも忘れてはいけません。

家賃は生活基盤の一部ですし、減額された返済分と同様に払い続けていく支出ですし、考慮しないわけにはいきません。

大事なことですから、債務整理を依頼する時点で担当する司法書士や弁護士に伝えておくべきです。

自分で皮算用するのはおすすめしません。


原則、債務整理の対象は個人に限定されていますので、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

ところが、例外のケースもあり、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

それだけでなく、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいるともしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、債権者からの取立てを受けたとしても拒否して債務者に支払いを求めるよう促すことが可能です。

ところが、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、支払いの一部または全部を放棄したとなると、未返済の借金分について債権者からの取立てが保証人に対して開始されます。

これに対する拒否権はありませんが、債権者との交渉次第では分割払いにできなくはありません。

月々の返済が苦しい時の行動だという趣旨は変わりませんが、任意売却は不動産を購入したもののローンの返済に追い込まれた場合に不動産を売却し得られたお金をローンの返済に充当する事です。

他方、債務整理というのは支払いが無理になった借金を相応の方法で整理して、完済につなげる事です。

悪い時には不動産ローンも借金も両方とも支払えないケースがあるでしょうから、そのような時は任意売却と債務整理がどちらも必要になります。