長崎 借金問題

MENU

長崎で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

長崎で借金問題の無料相談ならこちらから

 

長崎で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、長崎で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、長崎で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【長崎県全域対応】長崎で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

長崎で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(長崎県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
長崎で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

全ての借金を処分する自己破産などと異なり、任意整理では借金をしている債権者の一部を債務整理の対象にすることができます。

ですので、契約中の携帯電話会社には債務整理を行わないでおけば、今の携帯電話を持ち続けることもできるでしょう。

新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、ローンでの支払いはできなくなっていますから、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

でも、携帯料金が未納の状態ならば、このようにはいかないでしょう。

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、合わせて300万円に及ぶ借金を作ってしまったことがあります。

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。

不況の時でしたから、再就職も失敗し、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。

少し経ってから無事に再就職しましたが、それまでの借金の返済が苦しく、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。

今現在は完済し、安定した生活を送っています。

一般的に、債務整理は弁護士に依頼します。

料金については、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

もちろん、債務の状況によっては料金が変動することもありますが、よくある多重債務であれば、確認した料金の範囲で手続きを始めてくれるはずです。

各弁護士事務所によって、料金体系や説明も変わるので、信頼できそうな弁護士事務所を探してみてください。


公務員が債務整理をした場合、雇用者に知られるのは避けられないと思い込んでいる人もいますが、実際にはそのようなことはありえません。

個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、当事者が黙っているうちは同僚や上司などに知られることはないはずです。

しかし公務員だと、共済会などから債務があったりすると、そこ経由で露見する可能性はかなりあるでしょう。

親や配偶者などの遺産を相続する場合、何も考えずに相続(単純承認)してしまうと、資産より負債のほうが多いときはまさに「蓋を開けてビックリ」の状態で債務を抱えてしまいます。

ただ、打つ手がないわけではありません。

債務整理を行うのです。

本人が無収入の時は別として、普通は任意整理を行うのですが、裁判所は通さずに、弁護士や司法書士を介して債務そのものはなくせなくても減額できるよう、債権者にお願いするのです。

こういった厄介な状態にならないためにも、もし、相続の承認を求められたら注意が必要です。

自己破産や個人再生の手続きを行う際には自動的にすべての債権者が対象となるのですが、減額交渉がメインの任意整理の場合は債権者ごとに別々に手続きしていくという違いがあります。

かならずしも債権者すべてを対象とせず、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

ただし、交渉は強制力がありませんから、相手方が応じてくれなければ当該債務の減額は不可能です。


あらゆる債務整理の手段と等しく、過払い金返還請求も自分で手続きが可能です。

この手順では、始めに取引履歴の開示を求めますが、場合によってはその際ゼロ和解を打診される事があります。

ゼロ和解とは、残債をゼロにする事をもってこの話を終わらせようという申し出です。

聞き入れる場合、取引履歴の開示前では発生している過払い金がどれだけなのか知るチャンスを逃します。

軽々しくゼロ和解を受けると結果的に損となるリスクがあります。

極めて経済的に苦しんでいて債務整理について相談できればと思っているものの、どうあっても弁護士事務所に入るところを誰かに見られるのは避けたい。

あるいは訪問できる時間の余裕がとてもないという場合、メール相談に対応している事務所も珍しくはありません。

やり取りするのに直接や電話に比べて時間を要しはしますが、好きな時に人目にさらされることなく行えますので、一番遠慮なく相談ができる方法と言っていいでしょう。

親戚や友人が借金をしていて、その保証人になっているとすると、債権者からの取立てを受けたとしても債務者に取立てを行うよう伝えて支払いを拒むことができます。

けれども、債務者が自己破産や個人再生を行って債務整理をし、支払いの一部または全部を放棄したとなると、債権者から未返済分の取立てが保証人に向かいます。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者に掛け合って返済を分割払いにする事はできます。