那覇 借金問題

MENU

那覇で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

那覇で借金問題の無料相談ならこちらから

 

那覇で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、那覇で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、那覇で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【沖縄県全域対応】那覇で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

那覇で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(沖縄県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
那覇で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

多重債務などで債務整理をした場合、今お持ちのクレジットカードが更新できない可能性があります。

債権者がJICCやCICのような信用情報機関に加盟していると、ブラックとして登録され、クレジット会社もこの情報を元に更新不可と判断するためです。

有効期限が残っていてもクレジット機能が使えなくなるかもしれませんから、何らかの料金の引き落としがクレジットカードになっているケースでは、債務整理を行う前に別の手段を用意しておきましょう。

一度債務整理を始めると、専門家に依頼していても、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。

とはいうものの、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、返済可能な分の債務が残ります。

この債務についても、金利はかかりません。

けれども、万が一、返済が遅れてしまうと、間違いなく延滞損害金が追加されます。

また、一括で請求されることもあるので、十分注意しておきましょう。

弁護士に債務整理をお願いする際に、委任状が必要不可欠になります。

これは、弁護士が債務整理の手続きについて委任を受けていることを証明するために使われます。

きちんと委任契約を終えると、依頼を受けた弁護士が各債権者に対して受任通知を送るので、取り立てを止めてもらえるでしょう。

委任契約が結ばれると、弁護士は、法的に債務者の代理人の立場になり、業者との話し合いや訴訟の手続きなどを、本人の代わりに進めてくれます。


強制執行で給料の一部を差し押さえられている場合、差押えの原因となっている債権者を含めて債務整理すると、とりあえず差し押さえの状態はピタッと解除されるのですが、必ずしもそうとは限りません。

裁判所を通さない任意整理を行った場合は手続き開始時点では差押えは解除しなくても良いため、何ヶ月間かは我慢しなければなりません。

和解交渉を急いで行い、差押えの解除に至らなければ生活そのものが成り立たなくなります。

カードローンの申し込みやクレジットカード作成時の審査で判断材料となるのが個人信用情報で、そのデータには延滞状況のほか債務整理の履歴も記録されます。

このような記録があるうちは基本的にローンを新たに組むことは不可能です。

個人信用情報におけるこの記録の扱いは、自己破産の時は裁判所で免責が決定してから、それ以外の方法で債務整理した場合では手続き後に残った債務を完済した時から事故情報として5年程度は記録が残ります。

一概に債務整理といっても種類があるのですが、中でも任意整理は裁判所を通さないという特徴があります。

ですが、再生計画を出す個人再生や、債務が免責になる自己破産は個人の思惑はどうあれ、裁判所を通さないことには処理できません。

とはいえ、必ずしも当事者がたびたび裁判所に行く必要はありません。

弁護士が債務整理に当たる場合は、本人の代わりに弁護士が代理人になり、個人再生でも自己破産でも手続きのかなりの部分を行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。


事故情報が信用機関に保存される期間というのは、大体5年くらいと見込まれています。

信用機関というのは、個人の金融情報を金融業者が共有できるようにするため設立されている機関です。

ローンやクレジットカードの審査を行う時、金融業者はここから個人情報の提供を受けます。

そのため、債務整理をしてから最低でも5年以上過ぎていないと、住宅ローンを組むことが極めて厳しいでしょう。

債務整理を思い立った人は、心に留めておくべきです。

ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、債権者への支払いが済んだ借金の利息を払い過ぎていればその返還が請求できるという「過払い金返還請求」があります。

あらかじめこの返還請求をする場合はかつての借入金の明細が載った取引履歴の書類があるといいでしょう。

取引履歴を点検することで、適正な利息を算定することができるので、払う必要のなかった利息を手元に戻せるはずです。

債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。

その差というのは、元金が減額されることがあるかないかです。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息がカットされた返済額を元に月ごとの返済をしていく方法で、一般に借りている元金を減らすことはできません。

一方の民事再生では裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めてもらえた場合、元金の減額となり、残りの返済を続けることになります。