奈良 借金問題

MENU

奈良で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

奈良で借金問題の無料相談ならこちらから

 

奈良で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、奈良で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、奈良で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【奈良県全域対応】奈良で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

奈良で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(奈良県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
奈良で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

できれば家族に秘密にしたまま任意整理して借金を処分する予定でしたが、借金が膨大な金額になっていて個人再生になってしまいました。

車は引き上げられてしまいましたが、自宅を残すことができたのは有難かったです。

毎月の返済の負担が軽くなりましたし、家族に事実を伝えることができましたから、スッキリした気持ちです。

債務整理したらブラックになってしまいますが、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

家族に債務整理の経験者がいる場合も、その影響を受けるのは債務整理をした当事者だけなので、家族は今までのように、ローンを組んだりクレジットカードを利用することも可能でしょう。

でも、注意してほしい点もあります。

保証人が家族の場合は、家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けてください。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

代表的なものは、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

これによって、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、どの債務整理の方法を選んだかで借り入れ制限の期間が5年から10年の間で変わってきます。


よくあることですが、任意整理の際は受任通知を送付してから手続き終了までの間、依頼した弁護士事務所の口座などに月々いくらかを積み立てていく場合があります。

その主目的は弁護士への支払いのためです。

つまり、債権回収業者や金融機関への債務の返済が一時停止の状態になるので、本来返す予定のお金で積立を行い、減額交渉の折り合いがついた際に弁護士への成功報酬にあてるからです。

また、積立の習慣が身につけば今後の返済はとても楽になるはずです。

債務整理の無料相談ができる場所は、探してみるとあちこちにあるものです。

各自治体にも常設窓口があったり特別相談期間を設けたりしていますし、消費者庁の管轄である国民生活センターや、日弁連、各弁護士会、法テラス、司法書士連合などでも相談員がいて対応してくれます。

個人の司法書士、弁護士事務所でも無償で相談ができることは多く、相談から始めてみるのもいいでしょう。

誤解している方が多いので説明しますが、自己破産をすると、免責の決定がなされるまでは資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。

不動産業者(宅建取引主任者)、生命保険や損保、証券会社等の外交員がそれです。

もし自分がその職種に該当する場合、免責と自己破産の申し立てをしてから免責決定が下りるまでの何ヶ月間は当該職種で働くことは禁じられています。

しかしそれは自己破産だけで、個人再生や任意整理では、就労や資格の規制はかかりません。


通常、債務整理を行った人は全員ブラックリストに入るとよく考えられていますが、ブラック入りしない方法が一つだけあり、それが過払い金請求です。

払い過ぎになっていた分の利息を返してもらうだけですから、それによって完済できたなら事故とは言えないという訳です。

ですが、過払い分が生じていたが金利を引き直してなお残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。

返済義務を持つ全ての債務について免責が受けられるのが自己破産というものですが、自己破産の申請が通っていながら免責されないというケースも存在します。

それと言うのは、お金の使い方が良くなかった人の場合です。

例として、ギャンブル、または、投資に使っていたり、べらぼうな金額の買い物を幾度となくしているようだとそうしたケースになります。

免責がこうして承認されなければ、自己破産以外の債務整理で手を打つしかないでしょう。

インターネット上で債務整理の相談を受けている弁護士事務所も最近では珍しくありません。

近場でちょうどいい事務所が見つからないと憂いているばかりでなく、とりあえずはネットを介して自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみることも考えるべきです。

任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、やる気を出してまずはスタートラインに立ちましょう。