奈良 借金問題

MENU

奈良で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

奈良で借金問題の無料相談ならこちらから

 

奈良で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、奈良で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、奈良で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【奈良県全域対応】奈良で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

奈良で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(奈良県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
奈良で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

もしクレジットカードを所有している人が債務整理をしたら、クレジットカードの更新が不可能になる恐れがあります。

債務整理をした債権者が信用情報機関に加盟していた場合、金融事故として記録され、クレジット会社もこの情報を元に更新不可と判断するためです。

まだ更新日になっていなくても、利用停止の措置がとられるかもしれませんから、クレジットカードを使って引き落としているのならば、他の支払い方法に変えておく必要があります。

債務整理とは借金を整理することの総称で、その方法は任意整理や特定調停、あるいは個人再生や自己破産を指します。

中でも、任意整理が選ばれることが多く、これは直接、債権者と交渉するので、裁判所を通すことがなく、解決が早いので、選ぶ人が多いようです。

任意整理を行うと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、まず間違いなく裁判所を通すことになります。

任意整理を行った場合、和解交渉で減額された債務を毎月払い続けます。

この期間中に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、毎月の支払いのほかに繰り上げ返済を追加したり、一括で返済するという方法が使えます。

もし任意整理を専門家に依頼していた場合は、債権者への連絡は、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が適切だと言えます。


ときには借金の減額だけでなく、借金の棒引きもあるのが債務整理です。

けれども、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特徴です。

後悔しても遅いですから、もし行うのであれば相応の覚悟が必要です。

債務整理というものはどんな手段にしろ手続きに時間がかかることはやむを得ません。

たとえば任意整理でしたら、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを委任して手続き全般を終えるには、最低でも2か月ほどは必要で、半年以上かかるなんてことも時にはあります。

本来、こうした手続きをしている間は、債権者は督促や連絡はしてこないのですが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、返済途中のローンは解約となり、少しでも借金を返すために家はもちろん車も売却しなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、返済は従来通り続ける必要があります。

返済のために売却することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者は絶対に自分で債務者と面談を個別に行うこととして、債務整理事件処理上の規律を取り決めた規定を日弁連が掲げています。

先にメールや電話で相談しておく事もできなくはないですが、面と向かって面談することをせず請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、面談義務に従っていないという事になります。

今では貸金業法に基づき、年収の三分の一を超える貸付は出来ないという総量規制があります。

とは言え、総量規制が取り決められる以前に三分の一を上回る借金を抱えた人もいるはずです。

そして、総量規制から除外される貸金業とは別の銀行からの借金などによって、無意識のうちに年収を超えるような借金になっている例もよくあることです。

そんな人は返済が極めて困難ですから、債務整理を勘案するべきです。

現在発生している利息とこの先発生する利息がカットされて元金のみを返済していく方法が、債務整理の方法の中で任意整理と呼ぶものです。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、ひと月あたりの返済額の負担を軽くできるでしょう。

もし元金も減額してもらわないとどう考えても返済に苦しむようなケースでは、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。