新潟 借金問題

MENU

新潟で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

新潟で借金問題の無料相談ならこちらから

 

新潟で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、新潟で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、新潟で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【新潟県全域対応】新潟で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

新潟で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(新潟県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
新潟で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、まだ手元にない売掛金が残っていたら、それは資産として扱われることになるでしょう。

1000万円の債務がある自営業者のケースでは、個人再生を行うと、5分の1まで債務を減らせますから、200万円になります。

とはいえ、もし売掛金として100万円がでてきたら、この5分の1の20万円分をプラスした結果的に220万円の債務が残ることになります。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、完了するまでにはどれくらいの時間がかかると思いますか?債務整理の方法は様々なので、どの方法で債務整理を行ったかによって全てが終わるまでの日数が異なります。

ですが、どのような方法を取った場合でも、短くても3か月はかかると覚悟しておきましょう。

なお、借り入れ先が多数に及んでいるという場合は、その分時間がかかります。

1年、またはそれ以上かかる人もいるようです。

もし債務整理をしたとしても、本人以外の家族が不利益を被る可能性は低いです。

身内の中に借金がかさんで債務整理をしたという人がいても、制約がかかるのは本人だけですので、その家族はローンやキャッシングを使うこともできるでしょう。

ですが、万が一、借金の保証人が家族になっているケースでは、その人が債務者の返済義務をすべて背負わなければならなくなってしまいます。


債務整理には種類がありますが、いずれにせよ手続きを開始した時点で、貸主からの督促や連絡行為はピタッと止みます。

ただ、同じ債務整理でも個人再生と自己破産では全ての債権者を対象とするのに対し、弁護士を介して当事者同士が交渉する任意整理では、一部の債権者を対象に手続きを行うことが一般的です。

従って、それ以外の債権者からの取立てや催促の連絡などは相変わらずということになります。

個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、債務整理の種類によっては解約が必要なケースもあります。

例えば自己破産のケースでいうと、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

それから個人再生の場合ですが、保険契約を解約するまではいかないものの、裁判所への資産報告のひとつとして解約返戻金証明書を提出しなければいけませんから、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。

目的によって債務整理の種類は分かれていますが、そのうち裁判所を介さず行えるのが任意整理です。

あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合は裁判所に申し立てを行います。

といっても当事者自身がそう頻繁に裁判所に行く必要はないでしょう。

弁護士が債務整理に当たる場合は、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人としてやりとりの大半を行えるため、依頼者のストレスは相当軽減されるでしょう。


借金地獄から抜け出す術の一つに債務整理が考えられます。

債務整理には3パターン(任意整理、民事再生、自己破産)があり、総じて債務整理と呼びます。

これらにプラスして過払い金請求も債務整理の一種とする場合もあります。

全て異なる手続きになっていますので、情報を集めてから置かれている状況にちょうどいい方法をチョイスして、良い結果となる借金の債務整理にしましょう。

弁護士および司法書士は、債務整理依頼を担当する場合は前もって担当者は絶対に自分で個別面談を債務者との間で行うことと、債務整理事件処理における規律についての規定を日弁連が通達しています。

事前のメールや電話を介しての相談はありえますが、実際に会って面談することなく弁護士や司法書士が依頼を受けたなら、この面談義務に反しているという事です。

多くの場合、債務整理をしたところで国内外の旅行や転居に際して何か変わることはありません。

パスポートの新規申請にも何ら問題はありません。

ですが、そうは言えない例が1つだけあります。

自己破産の申立中だけは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、裁判所に無断で転居や旅行を行うことは出来ません。

裁判所から免責の承認が出ればその他の債務整理と同じく、制限されることはありません。