新潟 借金問題

MENU

新潟で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

新潟で借金問題の無料相談ならこちらから

 

新潟で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、新潟で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、新潟で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【新潟県全域対応】新潟で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

新潟で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(新潟県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
新潟で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

クレジットカードそれ自体はとても便利なものですが、高額の買い物が増えると月々の支払いに苦しまされることになります。

この時に検討して頂きたいのが債務整理で、借金の元本やその利息を減額し、月に支払う返済額を支払できる額に修正して返済することもできるでしょう。

ただ、クレジットカードの利用が制限されるだけでなく、返済できなかった品物は、クレジット会社によって引き上げの対象になるかもしれません。

債務整理の依頼をする場合、司法書士ではなく弁護士にお願いしましょう。

なぜなら、司法書士の資格では140万円以上の債務整理に関わることができないからです。

その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、裁判では有利に働く可能性があります。

さらに、弁護士にお願いした場合は、債務整理手続きに入ってから、すぐに取り立てをやめさせることも不可能ではありません。

実際に債務整理をする際にかかる費用は、弁護士事務所に直接尋ねるか、ホームページをチェックすれば、必要な費用のイメージがつかめるでしょう。

もちろん、債務の状況によっては料金が変動することもありますが、ほとんどの場合、掲載されている料金で手続きを始めてくれるはずです。

各弁護士事務所によって、それぞれの対応や説明が違ってきますから、信頼できなさそうだと思えば、別の事務所を探すのもおススメです。


デザインが変わったかと思ったら、督促状の差出人が変更になって、中身を見てビックリということがあります。

中身を読めば分かることですが、おそらく債権回収を専門とする会社に債権を譲ったということで、回収業務は新しい債権者が行うことになります。

こうした時でも債務整理の手続きをすることは出来るわけですけれども、対象が以前の債権者から次の債権者に移るという違いがあります。

それでも受任通知書を債権者に送った時点で、そこからの督促や取立てなどは即時停止します。

債権者が変わったからといって諦めないでください。

債務整理を頼んだにもかかわらず、肝心の弁護士がいまいち信頼できず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

解任せずに他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、介入通知を債権者に二度送付することになり、揉める原因にもなります。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それから次の弁護士と契約するようにしてください。

法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、自己破産や任意整理などの債務整理は扱えないことになっています。

そして任意整理を司法書士に依頼する際は、手続きをする際に債権者1社あたりの債務の金額が遅延損害金等も併せて140万円以下である必要があります。

司法書士と弁護士の差で特徴的なのは代理人です。

自己破産や個人再生では依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、代理人に司法書士を充てることは不可能ですので、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。


ハードな月々の返済に対する措置だという趣旨は変わりませんが、いわゆる任意売却というのは購入した不動産のローンの返済が手詰まりになった際に該当する不動産を売ってしまい、返済に回す事です。

一方、債務整理は返済が困難な借金の完済を目指し、適切な方法により整理する事です。

不動産ローンと借金の両方とも事情により支払えないケースもありえるため、そのような方は任意売却と債務整理いずれも行う事になるでしょう。

返せない借金があって債務整理を進めているところで離婚が成立する場合、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活によって出来たものだったならばマイナスの財産として分与の対象となります。

法律上では財産として計算するのはプラスの資産だけでは無くて、負債のようなマイナスの資産も共同の財産であるからです。

ですが、夫婦の片方が婚姻前から抱えていた借金だったり、婚姻期間の借金であってもギャンブルなどが元の個人的なものならば財産分与の対象からは除かれます。

法律の専門家である弁護士と司法書士はどちらもあらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は担当者は絶対に自分で債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件の処理についての規律をまとめた規定を日弁連が打ち立てています。

まずメールや電話で相談した上でというケースはありえるのですが、面談を会って行わないで担当となる弁護士または司法書士がいた場合、この面談義務に背いている訳です。