岡山 借金問題

MENU

岡山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

岡山で借金問題の無料相談ならこちらから

 

岡山で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、岡山で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、岡山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【岡山県全域対応】岡山で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

岡山で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(岡山県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
岡山で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

弁護士に債務整理をお願いする際に、委任状が重要になるでしょう。

この書類は、弁護士を債務者の代理人としてたてるために必須の書類です。

きちんと委任契約を終えると、弁護士が送った受任通知を業者が受け取ると、取り立ての電話や手紙も止まります。

委任契約を交わした弁護士は、法的に債務者の代理人の立場になり、債権者との交渉や裁判の手続きをすべて行ってくれるでしょう。

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停を指します。

多くの人が、任意整理で借金を清算しますが、債権者との話し合いが主体で裁判を起こす必要がないことや、手続きが終わるまでの期間が短いのが魅力です。

依頼を受けた司法書士などは、はじめに各債権者に対して受任通知を送るので、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、確実に裁判所を通さなければなりません。

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、身内の人が辛い思いをすることはないです。

家族の財産も処分されたり、金融機関でローン審査をパスできなくなることは、まずないでしょう。

でも、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、気を付けなければなりません。


頑張っても借金返済のめどが立たずに債務整理という手段をとるときは、いまではスマホやパソコンを使えば債務整理関連の情報を容易に知ることができるのは有難いかぎりです。

とはいえ家庭や会社のパソコンで調べたりすると、職場ならアクセスログで、家なら履歴などから債務整理するような状態なのかと他者に察知されやすい状態になります。

いつでも気になった時に調べられるので、スマホのほうが安全でしょう。

債務整理を依頼するには、法務事務所や法律事務所に対し、着手金というお金を用意しなければなりません。

結果に応じて報酬金の支払いも発生しますし、費用面ではこのほか、管轄裁判所や債権者のところへ行く往復交通費、手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。

このあたりは本来、実費負担となるのが普通ですので、かかった金額だけみておけば間違いありません。

利息制限法にのっとって過払い金を算出し、残債と相殺する債務整理のことを特定調停と言います。

ただ、債務に比べ過払い金のほうが多い時は、特定調停の場ではそれを返金してもらえるということはなく、単に負債が無くなるというだけです。

計算して、過払い金がそれなりにあると明らかな時は、相殺目的の特定調停などはせず、返還が期待できるという意味で過払い金請求を行うほうが良いのです。


申し込みや諸々の手続きが開始されたら、極力早めに片付けたいと債務整理を考えていれば誰しも思うでしょう。

ですが、借金を免除する、もしくは減額するという認可が下りるまで相応に時間がかかります。

どうやって債務整理を行うのか、専門知識を持つ司法書士、弁護士などにやってもらうのか、それとも自分で全手続きを網羅するのかなどの要素に応じてどのくらい日数がかかるかは違います。

多くの場合、債務整理をしたところで国内外の旅行や転居に際して何か変わることはありません。

パスポートを取得する際も悪影響はありません。

ところが、そこから外れる場合が1つだけ考えられます。

自己破産を申し立てた状況下ばかりは、自分がどこにいるかをいつも裁判所に届けておかなければならず、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。

免責が裁判所に許可された後は他の債務整理のように、縛られることはありません。

債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。

元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。

任意整理をする時は債権者と債務者の間ですり合わせを行って将来利息を付けない返済額の取り決めをして、月々の返済を行うもので、一般に借りている元金を減らすことはできません。

他方、民事再生はまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が減り、残分の返済が始まります。