大津 借金問題

MENU

大津で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

大津で借金問題の無料相談ならこちらから

 

大津で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、大津で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、大津で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【滋賀県全域対応】大津で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

大津で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(滋賀県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
大津で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理をすると、その負担を軽くすることができます。

ただし、債務整理をした事実は、信用情報機関に残ってしまうでしょう。

結果として、いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態ですから、審査にひっかかり金融機関のサービスが受けられなくなります。

短くとも5年間はブラック状態が続くので、気を付けてください。

債務整理を行う際の注意点ですが、債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、その後、ある程度の期間、審査が必要な金融機関のサービスが受けられなくなるでしょう。

債務整理をすれば信用情報機関に登録されるので、数年間は新たにクレジットカードを作ったり、信用情報機関に加盟している大手の金融機関での借入やローンを利用することは不可能になるため、覚えておいてください。

債務整理の際に、車の処分を避けたいのであれば、借金の中でもカーローンは整理せずに、債務整理の方法を選ぶことによって、車を処分せずに済むかもしれません。

ですが、債務整理後も車の所有が続けられるかどうかは、生活の中でどれだけ車が必要になっているかで判断が異なるため、一概には言えません。

車の所有が趣味の範囲に収まるというケースでは、所有を認められない可能性も高いので、あらかじめ担当する弁護士や司法書士に相談し、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。


どうしても弁護士に依頼するための着手金を用意できないという時でも、状況次第では債務整理の手続きをお願いすることは可能です。

誠意を見せるという意味でも手付金を出来る限り支払うようにするのです。

不足分は債務整理手続き中のローンの返済が一時的にない期間を利用して毎月積立をして、すべての処理が終わってから成功報酬などと一緒に精算します。

ごく一部の例外を除き、債務整理では大抵、このような積立方式について説明があるでしょう。

これから自己破産をしようという時には、預貯金についてはもれなく破産申立書の中で申告しなければいけません。

合計額が20万円を超えた分は原則として基本的に返済に回すものですが、この点が他の債務整理との大きな違いです。

名義を変えたり、口座から引き出せばわかるまいとは考えないでください。

仮にどこかで発覚したとして、自己破産は成立しても免責にならない可能性もあります。

借りたお金は自力で返していくのが筋というものですが、いくら頑張っても返済のめどがつかない場合は債務整理を考えてみるべきです。

一般的に債務整理が必要かどうか判断する時期はいつかと言うと、毎月の返済が収入の3割以上になった時点が妥当な時期のようです。

この頃に弁護士事務所に任意整理で相談に訪れる人が多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。


任意整理においては関係が無く、個人再生においては甘い基準なので、大した問題とはならないものの、債務整理を自己破産で行う時には、禁止事項の一つに財産隠しがあります。

破産申立の際にどのくらいの現金と資産の所持が認められるかは法でその上限が決まっています。

それを上回っている分は処分することになるのですが、もし隠していた事がばれてしまうと免責が不許可になるのに加えてもしかすると詐欺罪に問われるという事もありえます。

債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。

元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。

任意整理においては債権者と債務者の間で交渉が行われ返済額は将来利息をカットしたもので決定し、毎月支払っていく方法で、原則として元金については変わりません。

他方、民事再生は返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば元金が減り、残分の返済が始まります。

かつては出資法に則って、利息制限法の定めを超える利率での貸付がありふれていました。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現行は利息制限法の上限を上回る金利は不法ということになります。

よって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。