大津 借金問題

MENU

大津で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

大津で借金問題の無料相談ならこちらから

 

大津で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、大津で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、大津で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【滋賀県全域対応】大津で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

大津で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(滋賀県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
大津で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いになります。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、債務整理で個人再生をしたら、債務総額を5分の1にできるので、結果的に200万円の債務になります。

けれども、たとえば売掛金が100万円あったら、5分の1は債務に上乗せされるため、合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

代表的なものは、ブラック状態になることです。

要するに、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

債務整理には複数の方法があり、どのような債務整理の方法を選択するかによって借り入れ制限の期間が短ければ5年、長ければ10年と違いがあります。

債務整理を行う場合、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

任意整理であれば、1件ごとの債権者が対象になるため、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。

ですが、これは、あくまで任意なので、交渉できない債権者もいます。

個人再生のケースでは、複数の債務が対象になります。

けれども、手続きを行った債権者の半数以上が同意しなければいけません。


債務者が支払不能になるおそれがある時に、過払い金を利息制限法に従って再計算し、その時点での債務と相殺するのが特定調停の特徴です。

ちなみに過払いした額が債務の額より多い場合は、本来は返金請求できるはずですが、特定調停では返金はなく、ただ債務がゼロ円になるだけの話です。

比べてみて、もし過払い金がまとまってあると予測がつくのでしたら、相殺目的の特定調停などはせず、返還が期待できるという意味で過払い金請求を行うほうが良いのです。

クレジットカードの作成や各種ローンの申し込みの時に行われる審査で金融機関が参考にするのが個人信用情報ですが、これには過去の債務整理の履歴も記載されています。

記録がある間は当然ながらカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないと思った方が良いです。

自己破産の場合ですと、記録は破産手続きによる免責許可が確定した時から、個人再生や任意整理の手続きをした時は手続き後に残った債務を完済した時から5年程度は少なくとも消えることがありません。

任意整理では比較的よく聞く話ですが、委任契約から手続きが終わるまでの期間、手続きをしてくれる法律事務所等に毎月お金を積み立てるというケースがあります。

債務整理をお願いすると交渉中の借入先への債務の返済が一時停止の状態になるので、その資金を毎月積み立てていき、一連の債務整理が終了したあとに成功報酬として弁護士事務所等に支払い、残った分は債務の返済に充当するわけです。


かつては出資法に則って、利率が利息制限法をオーバーするような貸付が日常茶飯事でした。

利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現時点では金利が利息制限法の上限を超えていると非合法となります。

よって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

普通は債務整理を行う単位は個人ですから、それがもたらす良い影響も悪い影響も本人のみで配偶者や家族はあまり気にする必要がないものです。

ところが、例に当てはまらないものもあり、専業主婦の配偶者が債務整理をしたとすると、クレジットカードを停止されるかもしれません。

その理由は、クレジットカードの審査が夫の支払い能力に基づいて行われる為です。

それから、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならばもしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

各自の置かれた状況によって、債務整理かおまとめローン(何社かから借金をしているものを1社に統一する)のどちらの方法が適しているかは変わります。

まず前者の場合は、将来利息の支払いが免除となることで支払い総額が減少しますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることでやや支払う総額が減るものの、債務整理での減少額と比較すると下回ります。

しかしながら、確実に払っていくことができるならば信用情報は無事です。