大津 借金問題

MENU

大津で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

大津で借金問題の無料相談ならこちらから

 

大津で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、大津で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、大津で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【滋賀県全域対応】大津で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

大津で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(滋賀県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
大津で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

どれだけ公言しにくいことでも、自己破産の手続きを依頼する弁護士に隠し事をするのは厳禁です。

信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

本来であれば、自己破産はこれ以上支払いができるだけの資産が見込めないと判断されてこそできるのです。

この前提が崩れては、そもそも債務整理の意味がありませんし、債権者だって減額を許可しないのは確実です。

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、正直に伝えるようにしてください。

当時は家族に借金のことを隠していましたから、任意整理で債務額を減らそうとしたのですが、すでに借金がかさんでいましたから弁護士と相談して個人再生を行いました。

車は生活仏需品でないということで手放さなければならなかったのですが、住宅を残しておけただけでも有難かったです。

毎月の返済の負担が軽くなりましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、債務整理をして良かったです。

当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。

最もよく知られているものといえば、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

要するに、長期間、ローンを組んだり借り入れすることが難しくなります。

自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、どのような債務整理の方法を選択するかによってブラック解除までの時間が最短でも5年間から10年間と変わってきます。


信頼が第一の公務員の場合、債務整理をすればぜったい職場にばれると考えている人は意外と多いものです。

しかし実際にはそのようなことはありえません。

自己破産は別として、その他の債務整理では自分さえ黙っていれば、勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。

とはいえ、公務員共済組合のようなところからもローンを借りていて債務が残っている場合には、知られてしまう可能性が高いでしょう。

自己破産にしろ任意整理や個人再生にしろ、法務事務所(法律事務所)に依頼するとすぐに手続きが始まります。

そこでもし依頼者の都合でやめたいと言っても、いったん動き出した債務整理というのは中止するのは容易なことではありません。

なかでも難しいのは自己破産で、手続きに入ると取り下げることはできませんので注意してください。

どの債務整理でも信用情報に記録は残りますし、納得いくまで考えてから弁護士や司法書士にお願いするようにしましょう。

自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、自分で手続きしようと思えばできるのでしょうが、どの弁護士に聞いても無理だと答えるはずです。

たとえば任意整理を行う際も交渉に来たのが債務者本人では門前払いを食らうのが関の山で、個人再生のように判断が裁判所に委ねられているものは、申立書はもちろん再生計画案などの書類作成から計算までを一人でやるわけです。

それに、もし自己破産するのであれば申請書類は膨大で、手続きにもかなりの時間がかかります。

債務整理というのは結局のところ、実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。


原則、債務整理が原因で国内外の旅行が制限されたり引っ越しが制限されたりということはありません。

新たにパスポートを取得したい時も差し障りはありません。

ですが、例外が唯一あります。

まさに自己破産を申し立てているという間のみは、裁判所がいつでも自分の居所をわかっているという状態にしておくことが必要で、裁判所の許可を得ないと転居や旅行は認められません。

免責が裁判所に認可された後であれば他の債務整理のように、縛られることはありません。

弁護士か司法書士かを問わず、あらかじめ債務整理の依頼を請け負う場合は絶対に担当者その人が債務者との個別面談の場を設けるよう、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が掲げています。

まずメールや電話で相談した上でというケースはありえるのですが、実際に会って面談することなく担当となる弁護士または司法書士がいた場合、面談義務に従っていないという事になります。

一般的に債務整理は個人個人で行いますので、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

けれども、その例から漏れるものもあり、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

なぜかと言うと、この審査は夫の支払い能力を基準に行っているからです。

他にも、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると審査に通らないこともありえます。