さいたま 借金問題

MENU

さいたまで借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

さいたまで借金問題の無料相談ならこちらから

 

さいたまで借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、さいたまで借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、さいたまで借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【埼玉県全域対応】さいたまで借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

さいたまで借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(埼玉県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
さいたまで借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

家族に内緒で借金をしていた時、どうにも返済ができなくなってしまい債務整理をしました。

任意整理をして借金を処分する予定でしたが、その時にはもう借金が増えすぎていて結果的に個人再生以外の方法がありませんでした。

所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、住宅を残しておけただけでも不幸中の幸いでした。

借金の負担が大幅に軽減されましたし、かえって家族に打ち明けるキッカケになったので、債務整理のおかげで生活や気持ちも安定しました。

もし、金額の大きい債務整理を考えているのなら、司法書士より弁護士に相談することをおススメします。

1社あたり140万円以上の債務があるような債務整理には、司法書士は関われないと、法律で明記されているからです。

しかし、弁護士であればこうした制限はありませんし、裁判での心証がプラスになります。

弁護士であれば、債務整理手続きに入ってから、すぐに取り立てをやめさせることも不可能ではありません。

債務整理を行う場合、弁護士などにお金を払わなければなりませんが、その料金は依頼する弁護士事務所などによって違います。

任意整理を例に挙げると、債権者の数ごとに基本料金が設定されていて、減額が成功した場合は、この金額の20%程度を成功報酬として支払わなければならないでしょう。

ちなみに、債務額や債権者の数に関係なく、基本料金は固定のケースが多いため、そこまで減額を必要としない債権者にも交渉すると、弁護士などに支払う報酬が、減額した借金より多いという状態になりかねません。


任意整理の場合、減額後も返さなければいけない借金が残ります。

手間暇かけて債務整理をして、やっと和解に達したのに、債務あまり縮小できなかったりするパターンもあるようです。

債務整理という手段を選択するなら、あとあと悔やまないようよく考えなければいけません。

借金や債務関連の相談を無料で行っている法務事務所や弁護士なども最近は多いですし、連絡をとることから始めてみてはいかがでしょう。

自己破産にしろ任意整理や個人再生にしろ、弁護士等に委任すれば諸手続きが開始されます。

手続きが始まると、依頼主の事情により取りやめにしてほしいと言っても、債権者に介入通知が到着してからでは、中止するのは容易なことではありません。

なかでも難しいのは自己破産で、手続きに入るとキャンセルはききません。

債務整理の結果は重大ですので安易に考えず、よく検討の上で手続きを開始しましょう。

個人再生や任意整理といった債務整理では、債務を減額してもらう交渉をするのであり、自己破産のような完全な免責とは違い、必ず返済しなければなりません。

もし、この返済が滞ると、和解破棄、再生計画取り消しということになり、遅延した期間に応じた延滞利息も含め、すべての債務を一括で返すように迫られるでしょう。

和解にしろ、裁判所に提出した再生計画にしろ、順守しないと、あとで大変な思いをするので注意が必要です。


つらい借金に追われる生活から脱する方法として債務整理が挙げられます。

債務整理とは、任意整理、民事再生、自己破産の3手続きを包括した言い方です。

その上に場合によっては過払い金請求も含まれます。

全て異なる手続きになっていますので、情報を集めてから自分自身の場合に適した方法はどれか選んで、満足いく借金の債務整理を行いましょう。

俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が持つ事故情報の中の債務整理の情報はいつになったら消えるのかというと、債務整理に使った方法次第で変わってきます。

任意整理、個人再生、特定調整のうちいずれかの方法の場合は概ね完済から約5年のようです。

自己破産であれば免責が裁判所により決定されてから7年ほどを見ましょう。

けれども、目安としか言えないので、実際の信用情報がどのように信用情報機関に登録されているか閲覧してみればはっきりさせるには一番いいです。

借金に際して保証人を頼んでいる場合は、債務整理で保証人にも影響が及びます。

どの方法で債務整理を行ったかによってその影響には差があり、もし任意整理や特定調停なら保証人の記入を要する書類があるものの、保証人は請求を受けません。

しかしながら、個人再生や自己破産においては、債務者ではなく保証人への請求が債権者に認められるようになるため、借入金の全ての支払いをその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。