さいたま 借金問題

MENU

さいたまで借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

さいたまで借金問題の無料相談ならこちらから

 

さいたまで借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、さいたまで借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、さいたまで借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【埼玉県全域対応】さいたまで借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

さいたまで借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(埼玉県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
さいたまで借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理についてですが、気を付けてもらいたいことがあります。

債務整理は借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。

しかし、手続きが終わるまで数ヶ月は見ておかなければいけません。

ですから、この期間中にもお金が必要になることもあると思います。

でも、この期間に新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

これがバレてしまうと、裁判での風向きが変わり、免責が許可されなくなることもあります。

仮に、債務整理の中でも任意整理や個人再生を選んだのであれば、債権者が和解交渉に応じてくれることが必須になります。

任意整理を行う場合、借金を整理する対象を選び、個別に同意を得る必要がありますが、任意であることに変わりはないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

個人再生のケースでは、任意整理と違って一度に複数の債務を整理できますが、過半数の債権者が反対した場合は、個人再生に失敗してしまうでしょう。

債務整理の依頼をする場合、司法書士ではなく弁護士にお願いしましょう。

司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に携わることを禁じられています。

ですが、弁護士なら債務額がいくらであろうと依頼を請け負ってくれますし、裁判では有利に働く可能性があります。

もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば手続きをとったその日の内からしつこい取り立てから解放されることもできるでしょう。


無償で債務整理の相談に乗ってくれる機会というのは、少し探せば沢山あることがわかるでしょう。

各地方自治体でも相談窓口がありますし、消費者ホットライン、消費生活センターのほか、弁護士会、法テラス、司法書士会連合会などにも相談員が置かれて対応にあたっています。

司法書士や弁護士の事務所の中にもこういった無料相談を行っているところは少なくないですから、相談から始めてみるのもいいでしょう。

裁判所を介さない任意整理ならともかく、個人再生、自己破産等の手段を債務整理時に選んだ場合は、債務者の代理人として司法書士を指定することはできません。

ですから司法書士は書類作成代理人としての仕事をすることになります。

裁判所へ行くのも債務者本人ですし、事務員や裁判官に質問されれば自分で答えるほかありません。

債務の免除を目的とする自己破産を行う際は、司法書士に依頼してしまうと、時間もかかりますし、煩雑な手続きに嫌気がさすかもしれません。

返済の催告を無視して裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、債務整理は可能ですから、すぐに弁護士なり司法書士なりに相談しましょう。

この時行われるのは基本的に訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。

そして交渉が進んで合意に至れば、返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、あとは和解の内容に従った返済を行うだけです。


たとえ弁護士であろうが司法書士であろうが、債務整理の依頼を引き受けるならその前に担当者自身が必ず債務者と個別に面談をする必要があるとして、債務整理事件処理にあたっての規律を策定した規定を日弁連が発表しています。

メールや電話で先に話を聞いてもらう事はできるものの、対面での面談なしに請け負う弁護士あるいは司法書士がいれば、面談義務に従っていないという事になります。

借金に際して保証人を頼んでいる場合は、保証人も債務整理の影響範囲に入ります。

どうやって債務整理をしたかでその影響はそれぞれで、任意整理や特定調停の場合には書類の記入が必要なだけで請求の矛先は保証人には向きません。

けれども、個人再生とか自己破産の場合には、保証人に対して債権者から直接請求が出来るようになるため、全額の返済を保証人が肩代わりしなければなりません。

パチンコや競馬などギャンブルをして借金を作った場合でも返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。

けれども、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。

借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルで生まれた借金については免責不許可事由として取り扱われ、裁判所で破産申立をしようがあまり免責は期待できません。