札幌 借金問題

MENU

札幌で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

札幌で借金問題の無料相談ならこちらから

 

札幌で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、札幌で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、札幌で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【北海道全域対応】札幌で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

札幌で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(北海道全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
札幌で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

普通、債務整理を行う場合には専門家に依頼しますが、かかる費用は弁護士や司法書士で異なるため、一概には言えません。

任意整理を例に挙げると、債権者の数ごとに基本料金が設定されていて、成功報酬を支払う必要があります。

一般的に、基本料金は債権者や債務の金額に関係なくほとんどが固定費用です。

そのため、大した減額が期待できない相手に対しても交渉すると、反対に、損をしてしまうかもしれません。

債務整理の中でも、任意整理や個人再生を行う場合、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。

任意整理であれば、各債権者ごとの債務が対象なので、ひとつひとつの債務について和解交渉をすることになります。

ですが、任意であることに変わりはないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

また、個人再生の場合、すべての債権者を対象にしますが、過半数の債権者が反対した場合は、個人再生に失敗してしまうでしょう。

債務整理をするのなら忘れないでいてほしいのは、残った債務を無事に完済し終えても、その後しばらくは、クレジットカードなどのサービスを使いたくとも、審査をパスできなくります。

借金を債務整理で処分すると、信用情報機関に金融事故として情報が保存されるため、数年経たないと、新規でクレジットカードの申請をしたり、ローンの審査を通過することや、大手企業のキャッシングを使うなどの行為がまず不可能になります。


借金の総額を減らすことができたり、状況いかんでは借金の棒引きもあるのが債務整理です。

けれども、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、公示公告を集めた官報に住所や名前が載るのはやむを得ません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、破産関連の情報が官報に記載されていることは周知の事実で、最近ではインターネットでも手軽に閲覧できてしまいます。

一度始めた手続きは取り返しがつきませんから、もし行うのであれば相応の覚悟が必要です。

これまで見慣れてきた債権者からの封書が、見知らぬ会社名義に気がついたら変わっていて驚いたという声は意外と多いものです。

それはいわゆる債権回収業者などに債権そのものを譲ったということで、回収業務は新しい債権者が行うことになります。

そういった状態からでも債務整理を開始することは可能ではあるものの、交渉する相手先が元の借入先ではなくサービサーなどになります。

また、債務整理の介入通知を送付することで、そこからの督促や取立てなどはぴたりと止むでしょう。

その点は債権者が変わっても心配無用です。

返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、もし債務整理をするなら、その方法や返戻金の金額次第では、解約を求められます。

自己破産については、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。

収入があり、返済する債務が残る個人再生の場合、自己破産と違って解約する必要はありませんが、裁判所には解約返戻金は財産として申告しなければいけないため、返戻額次第で返済金の額が増えることはあります。

裁判所を通さない任意整理では解約する必要はなく、解約返戻金の金額のせいで返済額が増えることもないです。


借金を抱え債務整理をしている中で離婚が決まった時は、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活において発生したものであれば財産分与対象に含まれます。

財産としてカウントするのはプラスのものだけでは無く、マイナスであっても同じく共同財産なのです。

ただし、それが婚姻前から存在する夫か妻の借金の場合や、婚姻中に生じたとしてもギャンブルなどで生まれた個人的借金であれば財産分与からは除外されます。

どのような形式で債務者が抱えた借金を整理するのかに応じて異なる4つの方法で債務整理をすることができます。

それは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種です。

どの方法も圧縮が可能な金額はどれくらいなのかや裁判所の関わりの有無等、手続きに違いがあります。

全方法に重なる点としては一定の期間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、それが消滅するまでは新しい借金はそう簡単にはできないという事です。

今の時点で発生済みの利息とこれから発生する利息をカットすることで返済額を元金だけにする方法が、任意整理という債務整理の手段の一つになります。

債権者との話し合いで、折り合いがつけば、利息をつけずに支払うため支払総額は少なくなり、ひと月あたりの返済額の負担を軽くできるでしょう。

元金も減らされないとこれからの返済が苦しいのであれば、別の個人再生という方法により手続きする事となります。