札幌 借金問題

MENU

札幌で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

札幌で借金問題の無料相談ならこちらから

 

札幌で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、札幌で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、札幌で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【北海道全域対応】札幌で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

札幌で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(北海道全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
札幌で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

増えすぎた借金を債務整理で清算すると、クレジットカードの更新日から利用ができなくなることがあります。

債務整理をした債権者が信用情報機関に加盟していた場合、事故の記録が残り、クレジット会社がこの情報を参照してしまうというわけです。

まだ更新日になっていなくても、利用停止の措置がとられる可能性もあるので、引き落としに使っているのなら、他の支払い方法に変えておく必要があります。

実際に債務整理を行った場合、何パーセントくらいを減額してもらえるのかというのは誰もが興味を持つところではないでしょうか。

おおよその金額を知るためには、弁護士事務所などに相談すると確実です。

とはいえ、時間などに余裕がないと難しいかもしれません。

このようなケースでは、ネットには無料の債務整理診断サービスなどが受けられるので、こうしたサービスを使ってみるのも良いでしょう。

債務整理を行う場合、債権者に同意してもらわなければなりません。

任意整理であれば、任意整理を行う債権者を1社ごとに選ぶので、それぞれの債権者と交渉を進めていくことになりますが、法的な強制力があるわけではないので、和解交渉に進めない場合もあるでしょう。

もし、個人再生をした場合は、すべての債権者を対象にしますが、手続きを行った債権者の半数以上が同意しなければいけません。


法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、どのような手段であれ債務整理を手がけることは認められていません。

また、司法書士が扱う任意整理はひとつの債権あたりの額が利息や遅延賠償なども込みで140万円を超えないことという規制もあります。

もうひとつの違いは代理人です。

自己破産や個人再生を行う場合、弁護士は代理人になれますが、代理人に司法書士を充てることはできないことになっていますから、裁判所に行くのは債務者本人ということになります。

普通、債務整理を引き受けてもらう際は、初めに弁護士に依頼を受けてもらう「着手金」を払わなければなりません。

債務整理の一連の手続きが済めば成功報酬がかかりますし、その他の費用では例えば、債権者の事務所や裁判所までの交通費や手続きに必要な書類を裁判所に提出するときの印紙料金や切手代なども負担しなければなりません。

もっともこれらは実費請求が常ですし、心配であればあらかじめ聞いておくと見込みが立ちやすいでしょう。

債務整理の中でも自己破産や個人再生は対象がすべての債権者となりますが、それらとは異なり、債権者ごとに個別に交渉を行うのが任意整理の特徴です。

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。

たいていは減額幅の大きい借入先から順に手続きしていきます。

借金があまりない債権者も対象にすると、司法書士や弁護士に支払う費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。


その他の債務整理の方法とは一線を画し、自己破産は全ての借金がチャラになるという強力な効果を持つ方法です。

とは言え、申立をした人が誰でもできるとは言えず、必ず裁判所による免責許可が出ないとできません。

申立をしてから免責の可否が通達されるまでの免責期間は、財産が当人に有るのか無いのかによります。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、有る時はその財産が債権者に分配されるので、管財事件となり、1年かかるようなケースもなくはありません。

他の債務整理の方法と同様、過払い金請求の手続きも個人で可能です。

この手順では、始めに取引履歴の開示を求めますが、その際、ゼロ和解を持ちかけられる可能性があります。

残っている債務をゼロにしてこの話の幕引きにしませんかという申し入れです。

取引履歴が開示される前にそれを受け入れると、一体どの程度の過払い金があるのか知らずにいることになります。

無考えにゼロ和解を受け入れるのは損になる可能性も否めません。

返せない借金があって債務整理を進めているところで離婚が決まった時は、生活費の穴埋めとしての借金などそれが婚姻生活から生まれたものだと財産分与の際、対象に含まれて分割されます。

基本的に、財産と呼ぶのはプラスの資産のみに限らず、金額的にはマイナスであっても同じように財産とされるためです。

しかし、婚姻前から既に夫か妻にあった借金だったり、たとえ婚姻中にできたものでもギャンブルなどによる個人的な借金なら分与される財産とはなりません。