仙台 借金問題

MENU

仙台で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

仙台で借金問題の無料相談ならこちらから

 

仙台で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、仙台で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、仙台で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【宮城県全域対応】仙台で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

仙台で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(宮城県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
仙台で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

すぐにお金が必要な時に強い味方になってくれるのがキャッシングサービスでしょう。

ですが、借り過ぎに注意してください。

使い過ぎて借金が増えれば、返済時に苦しまされることになります。

返済が不可能になった時に行ってほしいのが、債務整理なのです。

今の債務状況を鑑みて自己破産や任意整理、あるいは個人再生などをすることで、毎月の返済の借金の負担が軽減し、安定した生活を送りながら借金を完済することができるでしょう。

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったのであれば、再び借入することができるのでしょうか。

実際は、債務整理が終わった後、しばらくはキャッシングサービスなどを利用することはほぼ不可能になるでしょう。

もし債務整理を行うと、金融事故歴アリとして最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入もできなくなります。

債務整理の中でも任意整理を選択すれば、債権者の一部のみを対象にして債務整理ができます。

これにより、携帯電話会社を債務整理の対象外に指定すれば、所有する携帯を使い続けられます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、当然ながら、ローンの利用ができないので、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

でも、携帯電話料金も払っていない状態であれば、このようにはいかないでしょう。


返済の催告を無視して裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、やろうと思えば債務整理はできるものです。

ただ、原則として可能なのは訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになることもあり、そうなれば差し押さえなどは回避することができます。

それから減額の交渉をして和解成立となれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、交渉で決めた通りの返済を行い、完済を目指します。

自己破産にしろ任意整理や個人再生にしろ、法務事務所(法律事務所)に依頼するとすぐに手続きが始まります。

作業はどんどん進み、債務者本人がもし中止したいと希望しても、既に進んでしまっている債務整理を中止するのは容易なことではありません。

まして自己破産などは裁判所に申立を行ったあとでは取り下げることはできませんので注意してください。

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に手続きを開始しましょう。

債務整理を行うときの対象として銀行が含まれていると、もしそこに口座があればおそらく凍結されるでしょう。

つまり、預金があるのであれば借金の返済に充てられるからです。

とはいえ、もし自己破産を行ったのなら預金残高が20万円に満たないときは法的に本人のものとして残しても良いことになっているので、この上限を超えた額だけが借金の返済に回されるわけです。


もし、任意整理であれば特に関係無く、個人再生であれば基準が厳しくないため、さほど問題にされることがないですが、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律でその上限が決まっています。

それを上回っている分は処分することになるのですが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が承認されないだけではなく下手をすれば詐欺罪に問われる可能性も否定できません。

自己破産は借金をゼロにできると言っても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が継続します。

代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

なお、同様の扱いに思えそうなものの、非免責事項に養育費は含まれていますが、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、債権者から取立てが来たとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

ですが、債務整理のうちの自己破産や個人再生が行われ、債務者が一部か全部の返済を放棄した時は、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。

これに対する拒否権はありませんが、債権者との交渉次第では分割で支払いをする事は可能です。