高松 借金問題

MENU

高松で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

高松で借金問題の無料相談ならこちらから

 

高松で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、高松で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、高松で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【香川県全域対応】高松で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

高松で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(香川県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
高松で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理を弁護士に依頼するとなると、料金がかかりますが、弁護事務所に電話したり、事務所のHPを確認すれば、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

債務の内容が複雑なケースでは、さらに費用がかさむこともありますが、よくある多重債務であれば、平均的な価格で手続きを始めてくれるはずです。

依頼する弁護士事務所次第で、料金はもちろん、対応も変わりますから、親身になってくれる弁護士事務所を見付けてください。

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、短くとも数ヶ月は終わらないでしょう。

でも、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

もし任意整理や個人再生で減額を認められたとしても、支払を続けることになります。

この残った借金については、金利は発生しません。

ですが、万が一、返済が遅れてしまうと、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるため気を付けてください。

借金の返済が滞るようになってくると、実際に債務整理を行うことを考える人も珍しくありません。

もちろん、返済の意志はあるのですが、返済が間に合わず、結果的に滞納状態になる話はよく耳にします。

司法書士や弁護士などの専門家を訪ね、今後の返済計画が立てられないとなったら、現実的に債務整理を行うしかありません。

借金を滞納している間は、債権者による電話や郵便などの取り立てが続いていますし、債務者の精神衛生上よくありませんので、追い詰められる前に行動するようにしてください。


返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、依頼を受けた法律事務所などから債権者あてに「債務整理手続きを行います」という内容の書類を発送すると、借入先に通知が届いたその日から新たに発生することはありません。

しかし延滞から債務整理開始までの間の延滞利息が、結構まとまった額になっている例も少なからずあります。

債務整理の中でも任意整理を行っている最中でしたら交渉を行い、この部分について減額を求めることも可能です。

新たに借金をする時や、カードを作成するときの審査に当たって必ず確認されるのが個人信用情報で、債務に関わることですので、過去の債務整理の履歴も記載されています。

これがある間はいわゆるブラック状態でローンを新たに組むことは不可能です。

たとえば自己破産を行えば個人信用情報の記録は免責決定が下りてから起算し、その他の債務整理を行った場合は残債の返済が終わった時点を基準に、最低5年位は残ると考えて良いでしょう。

自己破産の手続きに入る場合は、資産目録として一切の銀行預金、郵便貯金等は申告する必要があります。

資産があれば、20万円を超えた部分については借金の返済にあてられますが、これは自己破産ならではのシステムです。

とはいえ、別の預金口座に移したり現金で隠し持ったりすることは断じて考えないようにしましょう。

素人の考えることなどたかが知れていますし、発覚すると最悪の場合は自己破産しているのに免責は許可されなくなることもあるのですから、真面目に申告しましょう。


ご存知かもしれませんが、債務整理の一種として、債権者への支払いが済んだ借金の不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。

過払い金返還請求に際しては、当時の借入金額が分かる取引履歴の記載された書類があるといいでしょう。

今までの取引履歴を把握できれば、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、過剰な利息の支払い分を返してもらうことができます。

手続きを自分で済ませようと思えばどの債務整理でもできなくはないものの、そのやり方は極めて面倒です。

かつ、任意整理の場合は債権者との直接的な交渉も入ってくるので、こちらの知識が乏しいとわかれば交渉に苦戦することになるかもしれません。

費用が求められますが、プロである弁護士あるいは司法書士にお願いすると最も手続きがすんなり済むでしょう。

費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。

何歳であっても人生をやり直すことができるでしょう。

何歳であろうが債務整理には影響しません。

債務整理と引き換えに不便になることと言えばクレジットカードの使用やローンを組むことができなくなるだけで、贅沢は我慢しなければいけないものの、それ以外は当たり前に生活していけます。

晩年に差し掛かった方であっても5年で何もかも元に戻すことができるので、悩みの種が借金だという方はひとまず債務整理を次の段階への一歩にすることを勧めます。