高松 借金問題

MENU

高松で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

高松で借金問題の無料相談ならこちらから

 

高松で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、高松で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、高松で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【香川県全域対応】高松で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

高松で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(香川県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
高松で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理を行う場合、弁護士などにお金を払わなければなりませんが、その料金は依頼する弁護士や司法書士によって変わります。

中でも、任意整理は、債権者の数ごとに基本料金が設定されていて、成功報酬を支払う必要があります。

どれだけの債務額があろうと基本料金は主に固定料金になっていますから、借金の減額がたいした金額でない相手にも交渉すると、反対に、損をしてしまうかもしれません。

もし独身時代に借金を債務整理で処分し、ブラックになっている人は、結婚したからといってブラックでなくなるわけではありません。

審査が必要な金融サービスに申し込むと、業者は名前だけでなくその他の個人情報を組み合わせて信用情報機関をチェックします。

一般的に名寄せと言われる方法ですね。

それゆえ、結婚して苗字が変わったとしても、ブラック状態は続くと思っておいてください。

婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、婚約者がいようと制限はありません。

債務整理をしたからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担させられることは絶対にありません。

ただ、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。

債務整理についてお互いが納得した上で結婚することをおススメします。


自己破産と違い、任意整理を行った場合は返済すべき債務は残ります。

手間暇かけて債務整理をして、やっと和解に達したのに、債務あまり縮小できなかったりする人も実際にいるようです。

したがって本当に任意整理が妥当なのかはよく考えなければいけません。

無料で債務相談ができる司法書士や弁護士事務所もあるようですから、ウェブなどで探してみると良いでしょう。

生命保険会社の個人年金保険や積立保険など、返戻金が生じる保険に加入している際は、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。

自己破産については、保険は解約となり、返戻金を返済の一部に充当します。

そして個人再生を行う場合は、原則として解約する必要はないものの、解約返戻金自体は資産に繰り込まれますので、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

これが任意整理となると、解約を求められることもなく、保険の解約返戻金が返済額の増加に結びつくことはありません。

債務の減額のみならず、場合によっては帳消しすらあり得る債務整理ですが、生活は楽になる一方で、自己破産や個人再生のように裁判所の決定を必要とするものの場合、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。

官報と聞いてピンとくる人が少ないように、普段から見るものではないものの、明治時代の官報が残っているくらいですから永年保管であり、誰でも自由に見ることができます。

あとあと悔やまないためにも、債務整理をするにあたってはじっくり考える時間をもちましょう。


一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには何種かの方法が考えられます。

希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払い続けられるのか、それとも元金の減額が必要なのか、金額がどうこうと言う話ではなく支払い自体を継続しがたいのか。

どんな状況なのかによって適した方法も違います。

一人で手続きをしてもかまいませんが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。

自己破産をするとあらゆる借金がなくなるとは言え、免責されないものも存在します。

債務整理は破産法に依拠して行われるのですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が消えません。

具体例としては各種税金、養育費、罰金などが挙がります。

一方、一緒くたにしてしまいそうになりますが、非免責事項に養育費は含まれていますが、離婚の際の慰謝料は場合によって免責されることがあります。

債務整理をしたことがある人はその後一切の借金ができないかというと、そんなことはありません。

ブラックリスト上の事故情報がなくなれば新しい借金ができる場合もあります。

だからと言って、任意整理中の身でさらに借りようとする事は絶対にしてはだめです。

まず借りられない確率が高いことと、その行動について担当弁護士か司法書士の耳に入ると、その後サポートしてくれなくなることも否定できません。