高松 借金問題

MENU

高松で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

高松で借金問題の無料相談ならこちらから

 

高松で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、高松で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、高松で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【香川県全域対応】高松で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

高松で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(香川県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
高松で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理を行うデメリットもあります。

最もよく知られているものといえば、ブラック状態になることです。

つまり、クレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

一口に債務整理といっても、その方法は任意整理や個人再生などの種類があり、選択した債務整理の方法によって制限が解除されるまでの期間が短ければ5年、長ければ10年と変わってきます。

クレジットカードはとても便利なものですが、高額の買い物が増えると借金地獄に陥る可能性があります。

こうした状態になったら、債務整理をすることで、債務の減額を認められたり、月に支払う返済額を支払できる額に修正して完済に向けて生活を立て直すことができます。

しかし、債務整理をした結果、カードが利用停止になりますし、場合によっては、ショッピング枠で購入した商品が整理の対象になり、クレジット会社に引き上げられることがあります。

多重債務を抱えて、債務整理をするしかないという人の中には、うつ病を抱えてしまい、借金を借金で返すような負のスパイラルに陥ったという事例が多いようです。

就職できず返済資金が工面できなくなったり、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに債務が膨らんでいたとは、なかなか言い辛いことですから、孤独に悩むという人が後を絶ちません。

ですから、うつ病を発症したり、悪化したりすることも多いようです。


認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければいかなる債務整理も取り扱うことは許されていません。

料金は弁護士より若干安いようですが、司法書士の場合、任意整理だと借入先1件ごとの債務額が上限140万円までという制限があります。

もうひとつの違いは代理人です。

自己破産や個人再生を行う場合、裁判所での手続きの代理人に指定できるのは弁護士だけあり、認定を受けた司法書士でも代理人に指定することは認められておらず、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。

複数の方式に分かれている債務整理ですが、そのうち裁判所を介さず行えるのが任意整理です。

ただし、自己破産と個人再生といった債務整理は弁護士だけでできるものではなく、裁判所の判断に委ねることになります。

ただ、絶対に本人がそう頻繁に裁判所に行く必要はないでしょう。

法律事務所(弁護士事務所)に依頼していれば、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人としてやりとりの大半を行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。

認知度は高くないようですが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

手続き時点で返済が必要な借金があり、その上で払い込み済みのお金で過払い部分があるときに効果が出るやりかたです。

過払い金の返金が気になるでしょうが、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、あとから別途、請求します。

過払い金請求は、借入先に対する債務が残っていると出来ませんが、返済して借金がゼロになった時点で行えるようになります。


自己破産は借金全てを水に流せると言っても、支払いから逃れられないものも一部あります。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、そこで非免責事項に規定されているものは支払義務が消えません。

各種税金、養育費、罰金などがその例です。

他方、同様の扱いに思えそうなものの、非免責事項に養育費は含まれていますが、なぜか離婚の時の慰謝料は免責されるケースも見られます。

申請や手続きを行うという時点になったら、なるべく速やかにけりをつけたいと債務整理を検討する人は皆さん考えると思います。

しかし、借金を免除または減額などしてもらうことの承認を得るまでやはりある程度の時間が求められます。

債務整理にどの方法を使うのか、その道のプロ(司法書士や弁護士など)に任せるのか、それとも自分で全手続きを網羅するのかなどの要素に応じて要する期間は変わってきます。

ここのところ、債務整理についてインターネットを通して相談を受け付けている弁護士事務所も珍しくありません。

行ける範囲に望ましい事務所がないと落胆しているよりも、とにかくネットを経由し自分の事情を知らせてメール相談を持ちかけてみるのも一つの手です。

任意整理では手続きまで電話と郵送で行うことができなくはないですから、積極的に道を切り開いていきましょう。