徳島 借金問題

MENU

徳島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

徳島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

徳島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、徳島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、徳島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【徳島県全域対応】徳島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

徳島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(徳島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
徳島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

いま子供がいて債務整理をするのなら、気になるのは養育に必要なお金への影響です。

例えば、教育ローンを利用できるのかは重要な問題でしょう。

主な教育ローンですが、銀行のサービスと、国の教育ローンである日本政策金融公庫(通称、日本公庫)によるサービスがあります。

どの金融機関も金融事故などの情報が記録される個人信用情報機関に加盟していますから、ブラックになっていると教育ローンの審査をパスすることができなくなります。

多重債務などで債務整理をした場合、一定の期間、JICCやCICに代表される信用情報機関が、この情報を保存します。

この期間は有限で、JICCの場合は任意整理、自己破産、個人再生であれば約5年、CICは、自己破産に限って約5年の記録が残りますが、任意整理や個人再生で借金を処分した人は、金融事故扱いになりません。

いずれの情報機関でも、情報が残っている間はキャッシングが利用できないでしょう。

クレジットカードそれ自体はとても便利なものですが、返済能力を超えた使い方をすると、返済できなくなる可能性もあります。

こうした場合に行いたいのが債務整理です。

債務整理をすれば、増え過ぎた利息や元本を減らしたり、月々の支払いができる金額に組み直して可能な範囲で返済を続けることができます。

ですが、実際に債務整理をするとクレジットカードは使えませんし、場合によっては、カードで買ったものがクレジット会社に引き上げられることも考えられます。


成功報酬に充当するために債務整理の手続き中に法律事務所指定の口座に積み立ててきた資金は、経費(実費)や成功報酬を支払ったあとに残金が出れば、依頼者のところに返金されるシステムになっています。

まとまった額を積み立てる苦労はあるものの、結局は成功報酬になるので無駄ではありませんし、債務整理手続き中に浮いたお金(毎月のローン返済分)をつい使ってしまったなんてことにもなりません。

無理をする必要はありませんが、出来る限りしておいた方が良いでしょう。

一概に債務整理といっても種類があるのですが、裁判所を通さないのは任意整理だけです。

あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合は裁判所に申し立てを行います。

しかし、債務者自身がたびたび裁判所に行く必要はありません。

債務整理を依頼した相手が弁護士なら、弁護士が依頼者の代理人となり、自己破産にしろ個人再生にしろ裁判所での手続きのほとんどを行えるため、依頼者のストレスは相当軽減されるでしょう。

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、免責される自己破産とは訳が違い、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

しかしここで返済を怠ると、再生計画取消しの申立が出されたり、和解破棄ということになって、延滞期間に相当する遅延利息を含め、すべての債務を一括で返すように要求されるでしょう。

実際は一回程度の遅れでは大丈夫かもしれませんが、和解というのは約束ですから、守るよう、肝に銘じておくべきです。


つらい借金に追われる生活から脱する方法として債務整理が挙げられます。

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産という3種の手続きがあり、全部まとめて債務整理と言います。

さらに場合によっては過払い金請求も含まれます。

手続きの形式がそれぞれ異なるので、慎重に検討してから差し当たりの状態に即した方法で、良い結果となる借金の債務整理にしましょう。

借金を全てチャラにできるという自己破産であっても、実は支払義務が残るものもあります。

債務整理が準拠する法律が破産法ですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が継続します。

例を挙げると各種税金、養育費、罰金などです。

なお、一緒くたにしてしまいそうになりますが、養育費が非免責事項であるのに対し、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

たった一度の債務整理のせいでその後一切の借金ができないかというと、そんなことはありません。

事故情報がブラックリストから消去されたら借入をまた行える見込みはあります。

とは言え、ちょうど任意整理を行っているところに借金を繰り返そうとする事は何よりもいけません。

借りられる見込みがそもそも少ないことと、その行動について担当弁護士か司法書士の耳に入ると、担当から退かれることもあるでしょう。