徳島 借金問題

MENU

徳島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

徳島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

徳島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、徳島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、徳島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【徳島県全域対応】徳島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

徳島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(徳島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
徳島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

できれば家族に秘密にしたまま任意整理して債務を何とかしようと考えていたのですが、借金が膨大な金額になっていて弁護士と相談して個人再生を行いました。

趣味の車は処分されましたが、自宅を処分せずに済んだのは不幸中の幸いでした。

思っていたより多くの借金を減額してもらえましたし、これがキッカケで借金の事実を家族に打ち明けられましたから、債務整理をして良かったです。

任意整理を行った場合、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。

その際に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をすることができます。

任意整理した際に、司法書士や弁護士などに手続きをお願いしていたのなら、自分で行動するより、再度、この弁護士などから連絡をしてもらった方が良いと思います。

支払い日までに、債務の返済金が工面できなくなってくると、実際に債務整理を行うことを考える人も珍しくありません。

踏み倒すつもりはないけれど、結局は延滞状態に陥ってしまうケースは、よくあります。

しかるべきところに相談し、もう返済の可能性がないということになれば、債務整理が実行されます。

返済が未納のあいだは取り立てが繰り返されているでしょうし、精神的な病にかかる心配もあります。

ですから、先手を打って行動することを心掛けてください。


ときには借金の減額だけでなく、借金の棒引きもあるのが債務整理です。

けれども、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報へ住所氏名が記載されることは免れません。

一般人で官報をよく見る人なんていませんから、デメリットというほどでもないのかもしれませんが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特徴です。

後悔しても遅いですから、もし行うのであれば相応の覚悟が必要です。

債務整理というものはどんな手段にしろ手続きに時間がかかることはやむを得ません。

たとえば任意整理でしたら、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを委任して手続き全般を終えるには、最低でも2か月ほどは必要で、半年以上かかるなんてことも時にはあります。

本来、こうした手続きをしている間は、債権者は督促や連絡はしてこないのですが、中には禁止されている取立ての代わりに返済を求めて訴訟を起こす業者もいるようです。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、返済途中のローンは解約となり、少しでも借金を返すために家はもちろん車も売却しなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、そういったローンの契約は継続し、返済は従来通り続ける必要があります。

返済のために売却することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。


債務整理を任意整理で行おうという人は、延滞金や将来利息をつけない返済にしてもらう事ができるでしょう。

しかしながら、元金のカットも要求するとなれば、非常に大変です。

担当弁護士や司法書士の交渉力によっては減額も不可能ではないかもしれませんが、元金の減額を受け入れた場合、債権者に損失となることは自明なので、滅多な事では受け入れられません。

一般的に一個人として債務整理が行われるため、長所と短所に関しても配偶者や家族は大した影響を受けず本人だけが気にすることになります。

ただ、実は例外もあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

それから、新たにカードを作ろうとしている家族がいて、同じ住所に住んでいるならば審査を通過できないことも覚悟しましょう。

いくつも債務を抱え込んで、支払いの目途が立たないという時こそ行われるのが債務整理でしょう。

基本的には利息の減免や支払い計画の見直しといった便宜を図ってもらいたい債務者が債権者に対して協議を求める事を言います。

けれども、相手方はプロで慣れているので、一方の債務者は素人一人で折衝しなければならないとなるとほぼ無理です。

仲立ちを弁護士など専門家に依頼するのがスタンダードです。