徳島 借金問題

MENU

徳島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

徳島で借金問題の無料相談ならこちらから

 

徳島で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、徳島で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、徳島で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【徳島県全域対応】徳島で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

徳島で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(徳島県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
徳島で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

クレジットカードはとても便利なものですが、高額の買い物が増えると毎月の返済日に追われ、日常生活を送るのも難しくなります。

こうした場合に行いたいのが債務整理です。

債務整理をすれば、元本の借金や利子を減額したり、残った債務を分割して完済に向けて生活を立て直すことができます。

ですが、クレジットカードの利用が制限されるだけでなく、返済できなかった品物は、クレジット会社によって引き上げの対象になるかもしれません。

減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせたら、また融資を受けられるようになるかどうかは、重要な問題でしょう。

難しい問題ですが、完済後すぐには金融機関のローンや借入をするのはできなくなります。

債務整理をすると、最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、この期間中はローンやキャッシングはもちろん、分割払いやETCカードの購入もできなくなります。

個人再生や自己破産などの債務整理をしたら、名前と住所が官報に載ります。

あまりなじみのない官報ですが、これは国の機関誌で、例えば自己破産のケースだと二度、個人再生をした場合は三度掲載されます。

それぞれ、1ヶ月は掲載され続けるとはいえ、一般家庭に配布されるものではありませんから、周囲の人間が見ていることは極めてレアなケースです。

もし任意整理を行ったのならそもそも裁判をしないので、官報には載りません。


任意整理では比較的よく聞く話ですが、手続き開始から債権者と和解に至るまで、依頼した弁護士事務所の口座などに月々いくらかを積み立てていく場合があります。

これは弁護士への報酬の支払いが主な目的です。

任意整理を開始すると交渉中の借入先への支払いが一時的に保留されるので、本来返す予定のお金で積立を行い、一連の債務整理が終了したあとに成功報酬として弁護士や司法書士に支払うのです。

親や配偶者などの遺産を相続する場合、深く考えずに相続してしまうと、あとになって遺産より借金のほうが多いと、相続人は一気に借金を背負うことになってしまいます。

けれども、対策はあって、早いうちに債務整理をするのです。

本人が無収入の時は別として、普通は任意整理を行うのですが、弁護士や認定司法書士の手を借りて債務の金額の減額を交渉します。

無用の面倒を背負い込まないよう、遺産相続の時は安易に手続きしてはいけません。

一般に債務整理というのは結果を出すまでにどうしても時間がかかるものです。

債務整理の一種である任意整理の場合は、司法書士や弁護士などに相談して手続き全般を終えるには、最低でも2か月ほどは必要で、状況次第で数ヶ月以上かかることも珍しくありません。

また、この期間中は借入先側は催促や連絡を一切することができないのですが、訴訟を起こしてくる債権者もいます。


弁護士ないし司法書士に債務整理を委任する時には、準備しなければならないものがあります。

はじめに、身分証明書と印鑑、利用中のクレジットカード、そしてありったけの現在の借入状況がわかるものです。

その上、資産があることの証明書も必要となるかもしれません。

たとえ契約書が残っていないとしても、クレジットカードが見つからなくても、調べる手段はありますからそれによって無理だと判断するのは早計です。

昔は出資法に依拠して、利率が利息制限法をオーバーするような貸付が頻繁に見られました。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

現行は利息制限法に定める上限以上の金利では非合法となります。

したがって、グレーゾーン金利での借入をしていた人は、債務整理によって払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

既にある利息と今後生じることになる利息を免除して元金のみに限って返済していく方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。

債権者と交渉した結果、合意に達すれば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、月ごとの返済額も減らせます。

元金の額も減らない限りこれからの返済が苦しいのであれば、個人再生と呼ばれる他の方法による事になるでしょう。