東京 借金問題

MENU

東京で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

東京で借金問題の無料相談ならこちらから

 

東京で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、東京で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、東京で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【東京都全域対応】東京で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

東京で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(東京都全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
東京で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理後の返済を滞りなく終わらせた場合も、その後しばらくは、クレジット会社に申し込んだり住宅ローンなどを利用するのもできなくなるでしょう。

それは、返済できない程の借金をしたということで、信用情報機関に事故歴アリとして情報が残ってしまうからです。

この状態は、少なくとも5年間は続くとされていますから、時間が過ぎるのを待ってください。

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停など、多くの手法があります。

特に、任意整理は債権者との話し合いが主体で裁判を起こす必要がないことや、解決が早いというメリットがあります。

担当する弁護士や司法書士が、受任通知を各業者に送付するので、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、裁判所を通して手続きを行う必要があります。

もし債務整理を弁護士に依頼するのであれば、必要な料金とこれまでの実績を重視して弁護士を探すようにしてください。

また、費用については、そもそもの手付金の値段は安く設定されていても、その他の費用で高いお金を払わされることもあるので、気を付けましょう。

実際に依頼した人の口コミなどを参考にして評判の良い事務所を探しましょう。

そして、実際に無料相談などを受けてみて、納得できる説明をくれる弁護士ならば、実際に依頼をすると良いでしょう。


金融機関が共有している個人信用情報には、債務整理をした履歴が記載されることは免れません。

情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあります。

それはいわゆる金融系の、個人信用情報に敏感な業種に転職や就職したいときです。

もし債務整理後にしっかり完済していたとしても、残念ながらそれがネックになり、採用を見送るケースもあります。

お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、運を天に任せるほかないでしょう。

債務に対する金利や遅延損害金等は、本人から依頼された弁護士や認定司法書士が債権者あてに「債務整理手続きを行います」という内容の書類を発送すると、通知が相手に届いた時点から停止します。

けれども返済をやめてからその時点までの遅延損害金がかなり膨らんでいる例も少なからずあります。

債務整理の中でも任意整理を行っている最中でしたら交渉を行い、この部分について減額を求めることも可能です。

ローンの返済が苦しくて債務整理をしたのに、支払い総額が却って増えたという恐ろしい話も耳にします。

おそらく、儲け第一主義の法務事務所や法律事務所に騙されたパターンです。

任意整理しても100万の債務が70万にしか減らなかったのに手続き費用一式が50万、60万もしたら変ですよね。

割に合わない契約をしないために、何にどれくらいかかるかということは初めに確かめるべきです。

見積書を渋るところは要注意です。


もし、任意整理であれば特に関係無く、個人再生であれば基準が厳しくないため、さほど問題にされることがないですが、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。

破産申立の際は現金と資産をどのくらい所持してよいか法律でその上限が決まっています。

それを上回っている分は処分することになるのですが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が承認されないだけではなく下手をすれば詐欺罪に問われる可能性も否定できません。

自己破産は借金をゼロにできると言っても、一部の支払義務からは解放されません。

債務整理が基づく法律が破産法ですが、その中で非免責事項に定められているものは支払義務が継続します。

代表的なものとしては各種税金、養育費、罰金などがあります。

なお、同様の扱いに思えそうなものの、非免責事項に養育費は含まれていますが、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。

借金をしている親戚や友人がいて、その保証人になっている場合、債権者から取立てが来たとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。

ですが、債務整理のうちの自己破産や個人再生が行われ、債務者が一部か全部の返済を放棄した時は、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求を始めます。

これに対する拒否権はありませんが、債権者との交渉次第では分割で支払いをする事は可能です。