東京 借金問題

MENU

東京で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

東京で借金問題の無料相談ならこちらから

 

東京で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、東京で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、東京で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【東京都全域対応】東京で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

東京で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(東京都全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
東京で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

本人が債務整理を行うことは難しいため、司法書士や弁護士といったプロに頼るのが良いでしょう。

もちろん、無料ではありませんから、お金がないと依頼することも不可能だと考えている方もいるでしょう。

しかし、こうした弁護士や司法書士に払うお金は、債務整理後に分割払いなどで払うことが可能です。

依頼時に支払わなければいけないというわけではありませんので、金銭的な心配はあまり必要ないでしょう。

債務整理は時間がかかるものですから、すべての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。

とはいえ、債務整理の期間は延滞損害金や金利が増えるようなことはないでしょう。

なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、返済可能な分の債務が残ります。

返済は残った債務を分割して支払うことになり、金利は発生しません。

でも、万が一、返済が遅れてしまうと、延滞損害金と一緒に請求され、一度にすべての支払いを求められるケースもあるので返済期日は確実に守るようにしましょう。

債務整理をすると、このことがJICCやCICなどの個人信用情報機関の金融事故歴に残ります。

記録が消えるまでは、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。

また、CICは、自己破産に限って約5年の記録が残りますが、その他の方法、例えば任意整理や個人再生のケースではとくに記録として保存されることはありません。

いずれにしても、信用情報機関に登録されている期間はローンやクレジットカードの審査に落ちる可能性が高いです。


裁判所の判定を仰ぐ自己破産や個人再生などの手続きを行う際は、債務者の代理人として司法書士を指定することはできません。

というわけで、司法書士というのは計算したり必要書類を整えたりという業務と依頼者への手続きの指導を主に行うようになります。

たとえば裁判所に申立てに行くのも本人ということになりますし、裁判官や職員とのやりとりもすべて自分がするはめになります。

自己破産で特に管財案件である場合などは申立に弁護士を使わないと、依頼者側がすることが多く、面倒なようです。

債務整理といっても実際は3種類に分かれていて、デメリットの少ない順に任意整理、個人再生、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、安定収入がある人というのが前提になっています。

というのは、それらは債務の総額を減らすためのものであって、完済まで月々返済していかなければなりません。

返済を滞りなく行うために、安定した収入があることが不可欠なのです。

債務整理は大きく3通りありますが、そのうち裁判所を介さず行えるのが任意整理です。

あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合は個人の思惑はどうあれ、裁判所を通さないことには処理できません。

とはいえ、必ずしも当事者が再三再四、裁判所に赴かなければいけないわけではありません。

債務整理を依頼した相手が弁護士なら、弁護士が依頼者の代理人となり、自己破産にしろ個人再生にしろ裁判所での手続きのほとんどを行えるので、依頼人本人が出向く機会は減ります。


貸金業法のある現在では、年収の三分の一を上回る貸付は出来ないという総量規制が存在しています。

ところが、総量規制が導入される前から借入が三分の一を大幅に上回っていた人もいます。

そして、貸金業ではないので総量規制の対象とならない銀行からの借入などにより、いつの間にやら年収を凌駕するような借金にまでなっているような場合もよくあることです。

そのような状況ですと返済するのも甘くないでしょうから、早めに債務整理を検討した方がいいでしょう。

これまでに債務整理をしたことがある上で、それを踏まえて再び債務整理を試みる場合には、一度目の債務整理がどんな方法で行われたかに応じて手続きが変わります。

個人再生か自己破産によって債務整理をした人は、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。

他方、任意整理の場合は特に期間の制約は設けられていません。

大抵は二度目の債務整理というと一度目と比較しても許可が下りづらく、かつ二回目の自己破産ともなると、非常に手強くなります。

過去には出資法に従い、利息制限法の定めを超える利率での貸付が当たり前に存在していました。

金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。

今は金利が利息制限法の上限を超えていると非合法となります。

ですから、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば余計に払ってしまっていた利息を取り戻せるかもしれません。

それが過払い金請求です。