東京 借金問題

MENU

東京で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

東京で借金問題の無料相談ならこちらから

 

東京で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、東京で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、東京で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【東京都全域対応】東京で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

東京で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(東京都全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
東京で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

借金返済の目途が立たなくなってしまい、現実的に債務整理を考えるというケースは少なくありません。

返せるものなら返したいけれど、返済が間に合わず、結果的に滞納状態になる話はよく耳にします。

しかるべきところに相談し、返済は無理だと判断されれば、実際に債務整理を行うことになるでしょう。

返済が未納のあいだは取り立てが繰り返されているでしょうし、本人だって追い詰められていきますから、追い詰められる前に行動するようにしてください。

このところ、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。

借金地獄からは解放されるものの、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるという問題もあります。

そして、誰もが気になるのがブラック状態でもアパートなどの契約が問題ないのかということだと思います。

実際に調べてみると、どうやら、賃貸契約できる物件とできない物件があります。

もちろん、それまでのように「どこでも大丈夫」とはいきませんが、借りることは不可能ではありません。

気になる債務整理時に発生する費用ですが、司法書士や弁護士で異なっています。

任意整理の場合、債権者1件ごとに基本料金があるうえ、減額が成功した場合は、この金額の20%程度を成功報酬として支払わなければならないでしょう。

どれだけの債務額があろうと基本料金はほとんどが固定費用です。

そのため、減額がほとんどされないような債権者を相手に交渉すると、減額された借金の額よりかかる費用の方が高くつく場合があります。


返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、債務整理に伴って解約が必要なこともあります。

例えば自己破産のケースでいうと、保険を解約した返戻金を返済に充てる必要があります。

一方、個人再生の際は、生命保険は解約せずに済みますが、手続き時には解約返戻金は資産として扱われますから、その額次第で返済額が増えるという事態も想定されます。

任意整理の場合は解約義務もないですし、返戻金の有無が返済額に反映されることもないです。

一人で債務の返済に悩むのは良くないです。

債務整理に関する相談を無料で受け付けているところは少し探せば沢山あることがわかるでしょう。

都道府県だけでなくもっと小さい市町村単位でも相談できる窓口がありますし、国民生活センターならびに消費生活センターといった機関や、地域ごとの弁護士会、日本司法書士連合会、法テラスといった団体にも相談員がいて対応してくれます。

団体以外に弁護士個人の事務所でもこういった無料相談を行っていることが多いですから、引き伸ばすよりは早めの相談をお勧めします。

たとえば債権者に給料を差押えされている場合に差押えをしている債権者を含む債務整理をすると、手続きを開始した時点で差押えは解除になるのが普通です。

しかし残念ながら任意整理については差押を解除しなければいけないという規定はないため、当分は給与を差し押さえられた状態が続くでしょう。

早々に和解を成立し、差押えの解除に至らなければ生活そのものが成り立たなくなります。


任意整理においては関係が無く、個人再生においては甘い基準なので、問題とされることがそうそうないものの、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、タブーの一つに財産隠しが挙がります。

破産申立の時に所持が許される現金と資産は法律でその上限が決まっています。

基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、隠していた事が伝われば免責が認可されないのはおろか下手をすれば詐欺罪に問われる可能性も否定できません。

どれくらいの間、信用機関に事故情報が保存されるかというと、約5年ほどというのが通説です。

個人の金融情報を金融業者が分かち合うために存在する機関が信用機関です。

これを使って金融業者はローンやクレジットカードの審査の時に個人情報を確認します。

そのため、債務整理をしたら、最低でも5年間は住宅ローンを組むのが容易にはいかないはずです。

債務整理を思い立った人は、留意しておいてください。

借金について手続きの相談を持ちかけるとしたら、 弁護士や司法書士を擁する法律事務所となります。

弁護士にも司法書士にも債務整理の依頼をすることは可能ですが、司法書士に任意整理や過払い金請求を委任したい場合、140万円を超える合計額では受任する資格がないという制約があります。

まず間違いなく140万円を割るということならいずれでもかまいませんが、上回ることも見込まれるなら堅実に弁護士を選んでおくべきです。