富山 借金問題

MENU

富山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

富山で借金問題の無料相談ならこちらから

 

富山で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、富山で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、富山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【富山県全域対応】富山で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

富山で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(富山県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
富山で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

借金の一部を整理する任意整理と異なり、個人再生などを行う場合は全ての債権者を対象にしなければなりません。

任意整理の場合、法的な命令があるわけではなく、主に、相手方との交渉で進んでいくので、状況次第では、交渉が難しい場合もあります。

弁護士事務所などを通した方が上手くいくと思いますが、依頼の際に、一部の借金を隠すようなことは厳禁です。

正直に伝えなければ、信頼できないと思われ、債務整理が上手くいかなくなるかもしれません。

たとえ、人には言い辛い内容であっても、債務に関することは、弁護士にきちんと話しておきましょう。

債務整理の手続きが上手くいかなくなるかもしれません。

債務整理のために自己破産するのは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証するわけです。

まだ返済の見込みがあるのなら、自己破産の許可はおりませんし、債権者だって減額を許可しないのは確実です。

悪気がなくとも、隠し事をするとロクな事になりませんから、正直に伝えるようにしてください。

債務整理の際に、思わぬ切り札になるのが過払い金です。

簡単に説明すると、過払い金は借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

平成20年に法が変わる前は、多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。

そのため、借りた人は高い利息をつけて返済していました。

この過剰に払った分が過払い金です。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、債務の負担が減らせる可能性があります。


デザインが変わったかと思ったら、督促状の差出人が変更になって、中身を見てビックリということがあります。

中身を読めば分かることですが、おそらく債権回収を専門とする会社に債権を譲ったということで、回収業務は新しい債権者が行うことになります。

こうした時でも債務整理の手続きをすることは出来るわけですけれども、対象が以前の債権者から次の債権者に移るという違いがあります。

それでも受任通知書を債権者に送った時点で、そこからの督促や取立てなどは即時停止します。

債権者が変わったからといって諦めないでください。

債務整理を頼んだにもかかわらず、肝心の弁護士がいまいち信頼できず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。

解任せずに他の司法書士、弁護士といった人たちに依頼すると、介入通知を債権者に二度送付することになり、揉める原因にもなります。

弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それから次の弁護士と契約するようにしてください。

法務大臣による認定を受けている、いわゆる認定司法書士という立場でなければ、自己破産や任意整理などの債務整理は扱えないことになっています。

そして任意整理を司法書士に依頼する際は、手続きをする際に債権者1社あたりの債務の金額が遅延損害金等も併せて140万円以下である必要があります。

司法書士と弁護士の差で特徴的なのは代理人です。

自己破産や個人再生では依頼者の代理人になれる弁護士とは異なり、代理人に司法書士を充てることは不可能ですので、依頼主自身が裁判所に行かなければいけません。


債務がどんどん膨らみ、とてもじゃないが支払えないというタイミングで必要なのが債務整理です。

大方のところでいうと、債務者が利息の減免や支払い計画の立て直しを希望するため債権者に協議を求める事を言います。

しかし、対峙するのは専業者になりますから、初心者の債務者が単独交渉で成果を出すのはほぼ無理です。

仲立ちを弁護士など専門家に依頼する人がほとんどです。

通常、債務整理を行う単位は個人ですから、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。

ただ、その例から漏れるものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。

その理由は、クレジットカードの審査が夫の支払い能力に基づいて行われる為です。

他にも、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるならもしかすると審査落ちしてしまうかもしれません。

家族にわからないように債務整理をするのは方法によってその難易度が変わってきます。

もし任意整理なら全ての手続きを自分でどうにかしようとしなければ大抵は家族にばれずに済むでしょう。

しかし、手続きで世帯収入や資産を公開しなければならない個人再生や自己破産だと、ばれるのを覚悟した方がいいです。

債務整理を行う方法が何であっても、職場に対しては問題なく内緒にしておけます。