和歌山 借金問題

MENU

和歌山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

和歌山で借金問題の無料相談ならこちらから

 

和歌山で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、和歌山で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、和歌山で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【和歌山県全域対応】和歌山で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

和歌山で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(和歌山県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
和歌山で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

債務整理を行うデメリットもあります。

よく言われるのが、金融事故歴アリとして信用情報機関に登録されることです。

その影響として、一定の期間は金融機関からのローンや借り入れができなくなってしまいます。

具体的な期間についてですが、選んだ債務整理の違いでブラックリストに載っている期間が5年から10年の間で差があるため、一概には言えません。

債務整理の際に、思わぬ切り札になるのが過払い金です。

過払い金とは、借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

以前はグレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、借りた人は法定外の利息の付いたお金を返済していたことになります。

これが過払い金と呼ばれるものです。

発生していた過払い金を返還してもらえば、借金の返済資金に使うことができます。

債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、すべての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。

とはいうものの、債務整理の期間中は債務の金利や延滞損害金が発生することはありません。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、返済可能な分の債務が残ります。

この債務についても、金利はかかりません。

けれども、この債務の返済期日も遅延してしまうようなことがあれば、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、気を付けてください。


債務整理といっても実際は3種類に分かれていて、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、それから自己破産というのがあります。

3つの中で個人再生と任意整理は、自己破産と違い、安定収入のない人は手続きできません。

なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は借金の減額を目的としているため完済まで月々返済していかなければなりません。

今度こそ遅滞なく返済していくためにも、安定収入は欠かせないものなのです。

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、債務者が自己破産を行うと、それらのローンは解約され、返済のためにマイホームもマイカーも手放さなければなりません。

一方、任意整理や個人再生では、住宅ローンなどの契約は保全され、減額されないという違いがあります。

返済のために売却することはないですし、不安であれば相談することをおすすめします。

債務整理を行う際は、公務員の場合は仕事先に確実に連絡がいくと思う人が多いようですが、知られるのは一部のケースだけです。

たしかに自己破産ではわかってしまいますが、その他の方法なら手続き後も自分から話さなければ同僚や上司などに知られることはないはずです。

とはいえ、公務員共済組合のようなところからも借り入れをしている時は、そこ経由で露見する可能性はかなりあるでしょう。


債務整理を一度したことのある人がその上でもう一度債務整理をすることを考えた時は、一回目の債務整理にどの方法を選んだかで異なる手続きとなります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、その後7年間は再び債務整理を行うことは不可能です。

任意整理ならば二回目までの期間に制限はありません。

二回目の債務整理は原則として一回目より認可されにくいもので、その上それが自己破産の場合は、極めてハードだと言っていいでしょう。

どんな状況なのかによって、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは話が変わってきます。

前者では、将来利息が免除されることで返済総額を減らすことができますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

他方、後者は利息を下げた借り替えをすることができれば支払いの総額をやや減らせますが、債務整理には及びません。

ですが、確実に払っていくことができるならば信用情報は無事です。

全ての債務整理は手続きを独力でこなす事も不可能ではありませんが、かなりややこしい手続きとなります。

それだけでなく、任意整理に際しては債権者との間で直接交渉を行わなければならないので、こちらが不慣れであることがわかれば交渉に苦戦することになるかもしれません。

出費を伴いますが、弁護士もしくは司法書士に請け負ってもらうのが手続きをさくさく進めたいのなら最もいい方法です。

コストに関しては法テラスで相談に乗ってもらえます。