山口 借金問題

MENU

山口で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

山口で借金問題の無料相談ならこちらから

 

山口で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、山口で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、山口で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【山口県全域対応】山口で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

山口で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(山口県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
山口で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。

過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは返済時に払い過ぎた利息のことを指します。

最近まで貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、債務者は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。

つまり、この余分な利息が過払い金となります。

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、借金の返済資金に使うことができます。

借金が増えすぎた場合は債務整理が有効な手段ですが、どれくらいの借金からというのは、答えにくい問題です。

借金の総額が数十万円といった場合は、他の金融機関や貸金業者でも融資してもらえる場合があり、以前の借金を支払うという方法も、不可能ではないでしょう。

けれども、借金を借金で返そうとしている時点で、融資を受けるのも難しくなるのは確実です。

借金を続けるより、支払いが苦しくなった時には、早急に弁護士に相談して、返済が続けていけそうなのか債務整理に踏み切るのか、アドバイスを貰うようにしましょう。

もし債務整理すると、仕事に悪影響が出るのではないかと考えて、つい債務整理を後回しにしてしまうという方も少なくありません。

けれども、債務整理したことが会社に知られることは、ほぼありえません。

なお、任意整理のケースでは絶対に大丈夫です。

その他の債務整理を行ったとしても、債務整理を依頼した専門家ときちんと話し合い、問題なく手続きが進めば、会社に知られることなく債務整理を終わらせられます。

逆に多重債務のまま仕事を続ける方が危険だといえます。


個人再生や自己破産、任意整理といった債務整理の手続きは、本人が処理できないこともないのですが、現実には無理だとしか言えません。

たとえば任意整理を行う際も借りた側が貸した側に借金の減額を求めるのですから、拒絶は目に見えていますし、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、再生計画書や申立書を自分で一から作成しなければなりません。

それに、もし自己破産するのであれば申請書類は膨大で、手続きにもかなりの時間がかかります。

ですから債務整理というのはやはり実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。

免責を目的とする自己破産や、債務が大幅に減額される個人再生を行う際は、すべての借入先を整理対象としますが、減額交渉がメインの任意整理の場合は債権者ごとに別々に交渉することになります。

債権者全員を対象とするよりは、ふつうは減額幅の大きな債権者に対し任意整理の申立をします。

しかし、任意整理の申し出はあくまでも「お願い」ですから、こちらの代理人が提案した内容を相手が拒否すれば、減額できないこともあるのです。

けして弁護士の独壇場ではなく、債務整理は認定司法書士なら取扱い可能です。

しかし弁護士と違い、140万円以内の債務でなければ対応できないので、減額交渉をしようという段階で延滞料などを含めた債務が140万円を超えた場合は、仮に139万円のときに依頼を受けていても、司法書士は交渉継続は不可能です。

そんな事態に陥らないよう、債務整理で司法書士を頼る際は債務額の把握というのが不可欠です。


返済に困って借金手続きの助言を求めるなら、司法書士、または、弁護士が所属している法律事務所でしょう。

弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことができますが、任意整理や過払い金請求を司法書士に頼むには、合計が140万円以内でなければ受任資格が認められません。

まず間違いなく140万円を割るということならどちらにしてもOKですが、超えるかもしれない時は弁護士に頼む方が安心でしょう。

一般的に債務整理の対象は個人に限定されていますので、それがもたらす良い影響も悪い影響も本人のみで配偶者や家族はあまり気にする必要がないものです。

けれども、実は例外もあり、専業主婦の配偶者が債務整理をしたとすると、クレジットカードを停止されるかもしれません。

なぜかと言うと、この審査は夫の支払い能力を基準に行っているからです。

それだけでなく、同じ住所に住んでいる家族が新しくカードを作ろうとすると落ちてしまうことも否定できません。

弁護士や司法書士に債務整理を引き受けてもらいたいと思っているけれども、代金の用意ができなさそうなら法テラスに話をしてみてはどうでしょうか。

法テラスは公的機関のひとつで、法律上の問題に対して力を貸してくれます。

料金不要で借金に関して相談を受けていたり、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度に基づいて、弁護士か司法書士に依頼費用を支払う際に一時的に立て替えるという対応もしています。