横浜 借金問題

MENU

横浜で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります

横浜で借金問題の無料相談ならこちらから

 

横浜で借金問題の無料相談をしたいと思っている状況なら、下にある借金診断フォームを使えば、横浜で借金問題の無料相談を受け付けている弁護士事務所が見つかります。

 

借金問題で悩んでいる今の苦しい状況から抜け出すためにも、自己判断をせずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
あなたの借金状況に最適な解決手段を提案してくれるはずです。

 

借金についての相談は家族や親しい友人が相手でもなかなか気軽にできるものではありませんし、相談したところで何かが解決することはありません。
もちろん、一人で抱え込まなくてよくなったという安心感は得られるとは思います。

 

思いますが、「本気で借金問題を何とかしたい!」と思っているならまずは解決手段を示してくれる弁護士に相談しましょう。
こちらのフォームを使えば、横浜で借金問題の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

 

 

 

【神奈川県全域対応】横浜で借金問題の無料相談ならまずは弁護士事務所を見つけましょう

横浜で借金問題の相談をしたい」という状況なら、まずは下にある借金診断フォームを使って近くにある弁護士事務所を見つけましょう。
(神奈川県全域に対応しています)

 

「借金のことは家族や会社にばれたくない」

 

そういう場合でも大丈夫です。
匿名可能ですし、住所を入力する必要もないのでばれることはありません。

 

「借金問題について相談したくても相談費用が無くて・・・」

 

そういう場合でも大丈夫です。
横浜で借金問題について無料相談ができる弁護士事務所があります。

 

ですので、借金問題について一人で抱え込まずに専門家である弁護士に相談することから始めましょう。
小さな一歩かもしれませんが、借金問題の解決に向けた大きな一歩になるはずです。

 

 

 

 

債務整理コラム

一部の債権者を除いて債務整理できるのが、任意整理の特徴です。

それゆえ、お持ちの携帯電話会社を債務整理の対象から外しておけば、今の携帯をそのまま所有することもできます。

特に制限なく新規の契約や機種変更も行えるのですが、ローンでの支払いはできなくなっていますから、携帯電話の機種代金は一括で支払わなければなりません。

けれど、過去に携帯電話の料金を払わずにいた場合、契約自体が結べませんから、注意してください。

債務整理をすると周りの人に影響があるのかという問題ですが、あくまで債務者本人の債務が対象になるので、たとえ婚約者がいようととくに問題が生じることはありません。

債務整理をしたからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担させられることは絶対にありません。

とはいうものの、これはあくまで法律上の話であって、婚約者の心象がどう変わるかは分かりません。

そのため、債務整理についてお互いが納得した上で実際に結婚に進んだ方が良いと思います。

普通、債務整理を行う場合には専門家に依頼しますが、かかる費用は司法書士や弁護士で異なっています。

例えば、任意整理ですと、債権者1件ごとに基本料金があるうえ、これにプラスして成功報酬(減額が成功した金額の数十パーセント)を支払うことになっています。

ちなみに、債務額や債権者の数に関係なく、基本料金は固定されている事務所がほとんどです。

なので、減額がほとんどされないような債権者を相手に任意整理の幅を広げてしまうと、減額された借金の額よりかかる費用の方が高くつく場合があります。


自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手続きをするにあたっては全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで交渉を行うことになっているので、全ての債権者に対して行うことも可能ですが、債権者ごとに時間も費用もかかりますし、大抵は減額幅の大きな債権者を選んで交渉を行い、債務総額を減らしていきます。

とはいえ交渉そのものは任意となっているので、先方に交渉内容を認めてもらえなければ、借金が減額されないまま残ることになります。

認定司法書士というのは法務大臣の認定を受けた者で、この認定がなければ案件として債務整理を引き受けることはできません。

そして任意整理を司法書士に依頼する際は、債権者1人につき借金の合計額が上限140万円までという制限があります。

それ以外にも、自己破産や個人再生では裁判所での手続きの代理人に指定できるのは弁護士だけあり、代理人に司法書士を充てることはいかなる事情であれできませんから、裁判所には債務者本人が行く事になります。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで金融機関や回収業者から裁判を起こされたあとであろうと、債務整理ができないわけではありません。

もっとも出来ることといえばその債権者を交渉相手とする任意整理となり、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになる場合もあります。

また減額交渉が成立すれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、交渉で決めた通りの返済を行い、完済を目指します。


もし、借金があり債務整理を行っている最中に離婚をするならば、その借金が生活費に充当させるものだったなど婚姻生活のために生じたものならば夫婦間の財産分与に含まれ、分配されます。

財産というのはプラスに限らず、負債のようなマイナスの資産も共同の財産であるからです。

とは言え、婚姻の前から夫婦のいずれかが負っていた借金の場合や、婚姻中に生じたとしてもギャンブルなどで生まれた個人的借金であれば財産分与からは除外されます。

ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理は個々に独自のメリットを持っています。

第一に自己破産はあらゆる借金から逃れてまっさらな状態から再スタート出来ます。

続いて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は失わずに済みます。

そして任意整理は各月の返済額は債権者と相談の上で決まり、その上、借金の金利や借入期間によって過払い金の返還請求が可能です。

弁護士もしくは司法書士に債務整理を引き受けてもらう時、用意するものがあります。

それは、身分証明書、印鑑、クレジットカード、それから今借入をしている状況が確認できるもの全てです。

あわせて、資産保有が証された書類を求められることがあります。

例えば契約書がもう残っていなかったり、クレジットカードの行方がわからなくても、調べられないことはないのでそれによって無理だと判断するのは早計です。